予約待ち必至の「MRJミュージアム」と、「あいち航空ミュージアム」に行ってきました!

取材で行って、おもしろかった場所にもう一度遊びに行くシリーズ。
今回は「MRJミュージアム」に行ってきました。
オープンの直後に「あいち航空ミュージアム」と「MRJミュージアム」をしていました。
なかでも「MRJミュージアム」は、大人が楽しめそうだったのでリピート。
夫は好きそうだなあ、と。

三菱重工業が製造する国産初のジェット旅客機「MRJ」に関する博物館。

見学は約90分。「MRJに関する展示を見たあとは、最終組み立て工場の見学もできます。
国産旅客機の工場が見られるのは、世界でもここを含めて3箇所しかないそうです。

「MRJミュージアム」は完全予約制です!

予約したのは、11月の終わり頃。その時点で、休日で空いていたのが2月初旬でした。
当時は2ヶ月待ち・・・!
今でも、1ヶ月くらいは待たないといけないようです。
なぜ、こんなに予約が取れないかというと、土曜・日曜・祝日は各回30人ずつ、1日10回限定だからです。
予約はここからできます。
www.mhi.co.jp
三菱重工 | MRJ MUSEUM | お申し込み
http://www.mhi.co.jp/mrjmuseum/reservation/index.html
MRJ MUSEUMの公式サイトです。MRJ MUSEUM見学ツアーのお申し込みの流れをご紹介します。
カメラや録音機器は持ち込み禁止!カバンやスマホはロッカーに預けるほどの厳重体制です。
実物大の「MRJ」が展示されていて、客席に座れるのが楽しい!
翼とエンジンの仕組み、試験についても展示されています。
最終組み立て工場には、実際の「MRJ」が数機ありました。
例のごとく、休日なので、働いているところは見学できなかったのですが、見応えありました。
見学が終わったら、グッズショップを見て終わり。
「MRJ」の写真と撮影できるポイントも。
自販機が置いてあって、そこでジュースなどを買うと
オリジナルの背景で写真が撮影できて、LINEで画像がもらえます!
昔のプリクラみたいで楽しい・・・。

「MRJミュージアム」を見学したあと、「あいち航空ミュージアム」にも行ってきました!

まずは、「ソラカフェ」で航空機を眺めながらお茶。
「あれ、飛ぶかな〜?」と観ていたら、けっこう時間経ちました。
「展望デッキ」「フライングボックス」も堪能。
「展望デッキ」はFDAが発着する時間が書いてあるので、
そこに合わせて観に行くと、よさそうです。
(私たちが行ったときは、遅れていて、寒くて諦めました!)
 コックピット風のトイレもあります。

「エアポートウォーク名古屋」も隣りにあります。

ターゲットじゃないのか、見たいお店がほぼなく・・・
でも、「ABURI」というグルメ回転寿司はおいしかった!
外観がスタイリッシュ!
「エアポート3カン盛」(大きなズワイガニ、本マグロ中トロ、旬はまち・いくらおろし乗せ)680円

栄駅発の直通バスで「あいち航空ミュージアム」停で行くと便利〜!

栄と県庁前に停まって、栄からは約30分くらいで「あいち航空ミュージアム」に行けます。
高速バスなので、はやい!運賃は栄から700円でした。

投稿者プロフィール

えむた あかね
えむた あかね
名古屋生まれ、名古屋育ち、名古屋在住のライター・編集者。超零細法人のひとり社長。趣味は仕事と読書、旅行、野球観戦、呑み歩き、スパ銭めぐり、ガジェットの収集。フリーランスのライフスタイルやおすすめ情報を、アンオフィシャルに綴ります。
【詳しいプロフィールはこちらをクリックしてください】



ABOUTこの記事をかいた人

えむた あかね

名古屋生まれ、名古屋育ち、名古屋在住のライター・編集者。超零細法人のひとり社長。趣味は仕事と読書、旅行、野球観戦、呑み歩き、スパ銭めぐり、ガジェットの収集。フリーランスのライフスタイルやおすすめ情報を、アンオフィシャルに綴ります。 【詳しいプロフィールはこちらをクリックしてください】