「割引!」「原価勝負!」という言葉を見ると、心苦しくなってきた。という、心の進歩を自慢しよう。

アンオフィシャルなブログだから言いますが、

ここのところ、割引を受けることが苦手になってきました。

もちろん、割引を受ける人を否定するつもりは全くなく、

少し前に流行った「ランチパスポート」なんて、すごく秀逸なビジネスモデルだと思っているくらい、

肯定的にとらえてはいるのです・・。

割引に関する企画で、稼がせてもらっているのも事実。

それは、消費者の心理を上手く使った、とても良い企画だと思っています。

でも、自分なら利用しない・・・かもなあ〜。

「原価勝負」も同じこと。

いやいや、原価で勝負しなくていいですよ・・利益、取ってくださいね(取っているでしょうけど)

と、心の底で思っています。

割引ではなく、満足したくて外食するので。

とくに、飲食店とか、人の労力や仕入れが関わっているものは、心苦しい。

明らかに利益率が落ちると感じるものとか。

大きなハコの施設利用料的なもので、

1人や2人増えてもそこまで大きく利益率変わらないだろうな〜というものはいいのですが。

割引を受けると、自分も割引しなくてはいけないのではないかという恐怖感

背景にあるのは、きっとこれ!

だって、値切られると、すごく嫌な気持ちになるもの。

実際ありますよね。

クライアントの事情、本社の事情、予算の事情・・・。

指名で来る仕事もありますが、

上流の上流の予算がなければ、値切られる!

できることなら、少しだけ相場より高いギャラをもらって、

「おっ、割がいい仕事だなあ。じゃあ、ここまでやってあげよう。ちょっと大変だけど、何も言わないでやってあげよう」

という状態で、気持ちよく仕事がしたいところなんです。

いつも、そんなスタンスで仕事をしていた取引先も

どんどんギャラが下がってきました。

割引を求められると、不満ばかりが目につくようになりますよね〜・・・。

そんなこともあって、

人にされたくないことを、自分もしたくなくなったのです!!!

すごい進歩・・・!!!

さて、この心境の変化で、お金の流れはどうなるのか!?

楽しみです。

私にとってのお金のバイブルは、この本です