書評「フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法」大切にしたいお客様の見つけ方[1]。

最近、「フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法」という本を読んでいます。

「幸せなフリーランス」と「不幸なフリーランス」は紙一重

帯に書いてあった言葉です。

「仕事はあるけど、消耗している」状態の私は、この言葉に激しく共感しました。

著者の方は、コンスタントに年1000万円以上稼いでいるそう。

かなり、リアリティのある本です。全くキラキラしていません。笑

下請け系自営業の人におすすめの1冊です。

まだ読了していないのですが(←おいっ!)、心に残ったところを、少しずつ紹介していきたいと思います。

収入を「見える化」することで、大切にしたいお客様がわかる 

投資層(売上はあまりなくても、経験としてやりたい仕事)

収益層(大きく売上が見込める仕事)

ベーシックインカム層(報酬が高くなくても、ずっと継続している仕事)

駆け出しのころなら、ベーシックインカム層の割合が多いほうがいいかもしれませんし、

とにかく稼ぎたいなら、収益層の割合も気になるでしょう。

自分自身が、ストレスなく稼げる収入のバランスを見つけると良いそうです。

あかねさん
法人化しているうちは、収益層にも厚みを持たせたいところ。

3つの層にあてはめたお客様をまた、3つの指標で分析します。

収益性(売上の高い仕事か)

将来性(自分の売上が将来増えるか)

投資・感心(自分のスキル・知識への投資)

◎、△、×で判断していくと良いそうです。

「この仕事は、収益性は低いけど勉強になる」なら、収益性は×で投資・感心は◎です。

このように「見える化」することで、本当に大切なお客様か判断できるそう。

◎・△・×は時期によって変動するので、定期的に棚卸ししたほうがよさそう

うちの取引先は大きな会社が多いので、

会社の方針やトップが変わると、予算も仕事のやりやすさにも影響が出てきます。

会社員でも、自営業でも、結局は会社の方針や人に振り回されるのです。笑!

自営業の良いところは、損切りできるところ。(←使い方、合ってますかね?)

定期的な棚卸しが必要だと感じました。

あかねさん
仕事が落ち着いたら、考えよう。いろいろと。

こちらから買えます!