名古屋市美術館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」を鑑賞#9月22日の日記

名古屋市美術館で9月24日まで開催されている(今日までだ!)

名古屋市美術館「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」に行ってきました。

美術館って、たまに行くけど、そんなに知識がないんですよね。

そういえば、ルーブル美術館も行った。でも、知識がないから、観るだけ。

こういうとき、「教養があったらもっと世界が広がるんだな」と思いますね。

私が、いいな〜と思った絵画はこちらです。

無教養な私の、うっすくて率直な感想とともにどうぞ。

「サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂、ヴェネツィア」(アントーニオ・カナール(カナレット))


△クリアファイルを買いました。

写真・・・!?というほどの精度。特に、影の表現!

「読書する少女」(カミーユ・コロー)

自然な表情が、美しい。

「オリエンタル風の衣装をまとった若い女」(エドゥアール・マネ)

衣装が透けて裸が見えているんですが、その透け感の表現が秀逸。

「ルーヴシエンヌの雪道」(カミーユ・ピサロ)

雪道のグラデーションがすごく良く表現されています。

「ブージヴァルの夏」(アルフレッド・シスレー)


△ポストカードを購入

夏雲と海の感じがいい。

「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)」(ピエール=オーギュスト・ルノワール)

女の子の角度がいい。可愛い。

「アニエールのセーヌ川にかかる橋」(フィンセント・ファン・ゴッホ)


△ポストカードを購入

水面の様子がリアル。色合いも好き。

「レスタックの港」(ジョルジュ・ブラック)

港町を描いた絵画。少ない色彩で水面に映る港町が見事に表現されているんです。
これが一番好きかも。
ポストカードなどがなくて残念。

「睡蓮の池、緑の反映」(クロード・モネ)は写真撮影が可能でした


あ、こんなにざっくりした絵だったのね。

私は、人物画より、風景画が好きなのかも。

少し人が入っている風景画のほうが見応えがありますね。

このあと近くで取材があったので1時間弱でまわったのですが、大満足。

休日に美術鑑賞も、いいもんだ。また、行こう♪

あかねさん
印象派の絵画といえば、中学生とか高校生のときに観に行った記憶がある。ピアノを引いている少女の絵とか、覚えてる。
それ、俺も行ったかもしれない
あかねさん
もしかして、すれ違っていたかしら♡♡♡
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・