彼氏の胃袋を掴みたい彼女が作るラインナップ!? 夫メシ 2018年10月27日・29日

10月27日 夜ごはんは「飛騨牛カレー」。

「実家のカレーが一番旨いから再現してほしい」と、マザコン発言をするくらい、

家カレーには、並ならぬこだわりがあった夫。

以前、私がお義母さんにルーや作り方を聞いて、作ってみたものの、近からず、遠からずの味らしく・・・。

カレーって具を切るのが面倒だし、小麦+米で糖質満載なので、あんまり作らなかったんです。

ついに、夫が実家のカレーを再現すべく、立ち上がりました。

カレーに牛肉をいれるんですよね〜・・・・・・豚肉でよくない?と思いますが、そこは譲れないそうなので

精肉店に行ったときにカレー用の牛肉を探したのですが、

飛騨牛しかなく・・・・!!!(100g300円)高いのか、安いのかわからないけれど、200g購入。

図らずして、飛騨牛カレーを作ることになりました。笑

(普段はいやよ)


△家庭科の調理実習とか嫌いで仕方なかったであろう夫が、カレーを楽しんで作っているなんて、奇跡でしかない。

2種類のカレールーを調合するらしいんです。(この時点で、めんどくさい!)

カレールーって、商品によって1片あたり何ccの水が必要か、違うんですよね。

夫はそのあたりに苦労しながらも、カレールーを足したりして、調整。


△飛騨牛うっま! 完全に飛騨牛においしさを持っていかれましたが、カレーも普通においしかった!!!

あかねさん
で、実家の味になったの?
・・・・・・わからん。

実家の味って、なんだろう。

お義母さんも、「カレーなんて、作ったときによって味が違うと思うけど・・・。そもそも、作るたびに工夫をするから、少しずつ味が変わっていくのが家庭料理だよね」と言っていました。ですよね。

夫よ、幻の実家カレーを目指して、また作ってくれ!

10月29日  昼ごはん「肉じゃが・小松菜のおひたし・大根の煮付け」セット。

今日は同業の先輩が取材ついでにうちに寄ってくれたので、

夫がランチをふるまうことに!

先輩はかなりのベテラン主婦、そして、旦那さんは料理人。

夫は料理歴2週間の新人。

で、何を作ったかというと・・・

肉じゃが
小松菜のおひたし
大根の煮付け

ん? これって・・・・

あかねさん
誰かの胃袋を掴もうとしてない?

肉じゃがは汁までのみほしたいくらい旨い!! じゃがいももホクホク! 豚肉の量も程よい。

繊細な味わいというやつですね。

大根の煮物と小松菜のおひたしは、安定のおいしさでした。

先輩も「おいしかった」と言ってくださいました!

また、みんなにふるまってね〜! 自慢の夫ですね。