【ワーカーホリック嫁事情】仕事の飛躍と、家庭の崩壊

マスコミ・出版業界に入って12年、独立して6年。

ありがたいことに、仕事の範囲がどんどん広がり、名古屋を代表する企業2社の冊子で
編集やライターをまるっと1冊させてもらえるように。
(冷静に考えると、おそろしいほどの飛躍だわ!)

あと、大手出版社2社からは企画単位で仕事をもらえるようにもなりました。
(これは、出版社のニーズと私のできることが、たまたまマッチしたことが大きいんだけど)

というと、できる人みたいな雰囲気を醸していますが、

これは実力ではなくて、やるか、やらないかで
「やる」を選択し続けてきた結果に過ぎないんですよね。

でも困ったことに、制作する立場において「やる」を選択して受注をしたところで、
それはゴールではなく、修行のスタート。

家庭が崩壊するちょい手前までがんばろうと思うんですが、その塩梅が難しいんですよ。
ワーカーホリックのみなさま、家庭崩壊を食い止める秘訣をぜひご教示ください!

あかね
Facebookに直接書くといやらしいので、ブログにしたためました。

投稿者プロフィール

えむた あかね
えむた あかね
名古屋ではたらく、ライター・編集者。いくつかの有名情報誌を制作する、超零細な法人を経営しています。趣味は仕事と旅行、野球観戦、呑み歩き、スパ銭めぐり、ガジェットの収集。フリーランスのライフスタイルやおすすめ情報を、アンオフィシャルに綴ります。
【詳しいプロフィールはこちらをクリックしてください】



ABOUTこの記事をかいた人

えむた あかね

名古屋ではたらく、ライター・編集者。いくつかの有名情報誌を制作する、超零細な法人を経営しています。趣味は仕事と旅行、野球観戦、呑み歩き、スパ銭めぐり、ガジェットの収集。フリーランスのライフスタイルやおすすめ情報を、アンオフィシャルに綴ります。 【詳しいプロフィールはこちらをクリックしてください】