「仕事時間」をお金で買える魔法があるんですけど、知ってましたか?

「仕事時間」をお金で買える魔法があるんですけど、知ってましたか?
「仕事時間」をお金で買える魔法があるんですけど、知ってましたか?

今、ありったけのお金を積んだとして、いちばんほしいものは?

と聞かれたら、迷わずこう答えます。

あかね
時間です!

・・・いや、買えないだろう。モモの世界かよ。
と、諦めていたのですが、見つけてしまったのです。

時間をお金で買う方法。
いや、正確に言うと、「仕事時間」をお金で買う方法を。

タクシーを使えば、いいんだ!

はーい、贅沢病だと思いましたか?「何様かよ」と思いましたか?

これを見て下さい。移動手段別の「できること」です。

電車・バス 徒歩 タクシー
電話
紙の資料読み
スマホでのメール返信
PCでのメール返信 △(混雑時は不可)
原稿執筆 △(混雑時は不可)
資料のホチキス止め
あかね
全部やん。全部タクシーならできちゃうじゃん。

タクシーは贅沢ではなく、ガジェットの一種である。

性能の良いパソコンもスマホも、ガジェットというものは
便利にして、時間を短縮するもの。

そういう点で、タクシーはガジェットの一種だろうと思うのです。

とはいいましても、売上を全部タクシー代に当てるわけにもいかないので
「どうしてもこの時間は外せない」「緊急性の高いタスクがある」「ギリギリまで家で作業をしたい」というときにだけ使っています。

また、単純に移動時間が仕事時間になるというだけでなく、
限られた時間に作業を終わらせようとすることで、集中力も格段に上がるので
家でするよりも速く仕事が片付きます。

作業をスムーズにするガジェットとしてタクシーを使う、と思えば
気軽に使える(頼ることができる?)のかもしれません。

私が一回の乗車に使う金額は、1000円〜2000円くらい。
アプリで12月は5回、11月は3回、10月は4回使っているので、流しのタクシーを月2回使うとすると
月に5〜7回の頻度で活用しています。

あかね
最近、タクシーにとても助けられていると感謝しまくっていたのですが、実際に数えてみると、思ったより使っていないという印象。それだけ、タクシーを使うということにまだ自分の中で壁がある、特別感があるということなのか・・・?

去年は大活躍したタクシーですが、今年はタクシーを使わなくていいように
計画的に仕事が進められればいいなと思います。

あかね
詰まるところ、そういうことになっちゃうんだよなあ



投稿者プロフィール

えむた あかね
えむた あかね
名古屋生まれ、名古屋育ち、名古屋在住のライター・編集者。超零細法人のひとり社長。趣味は仕事と読書、旅行、野球観戦、呑み歩き、スパ銭めぐり、ガジェットの収集。フリーランスのライフスタイルやおすすめ情報を、アンオフィシャルに綴ります。
【詳しいプロフィールはこちらをクリックしてください】



ABOUTこの記事をかいた人

えむた あかね

名古屋生まれ、名古屋育ち、名古屋在住のライター・編集者。超零細法人のひとり社長。趣味は仕事と読書、旅行、野球観戦、呑み歩き、スパ銭めぐり、ガジェットの収集。フリーランスのライフスタイルやおすすめ情報を、アンオフィシャルに綴ります。 【詳しいプロフィールはこちらをクリックしてください】