滋賀県・長浜名物「鯖そうめん」の名店「翼果楼 (よかろう)」訪問レポ。行列を避けるためには何時頃がベスト?

豊臣秀吉にゆかりの歴史スポットが点在している滋賀県長浜市。
JR長浜市の近くには古い街並みが広がり、「黒壁スクエア」を中心に雑貨店やアトリエ、飲食店が連なっています。
なかでも、ひときわ行列が目立つのが「翼果楼(よかろう)」です。

長浜名物、「鯖そうめん」の超人気店なんだとか。
とにかく行列ができているそうで、昼時に行って2時間待ちということもあるとか。
「旅の計画が狂ってしまう…」と、泣く泣く諦める人も多いそうなんです!

それは行ってみたい!!「鯖そうめん」より行列の理由に興味あり。

ということで、計画を立てて突撃してみました。

「翼果楼」は、少し早めの10時半開店です。

「黒壁スクエア」や商店街のすぐ近く、観光ついでにふらりといける場所にあります。

10時15分頃、お店の前に行きました。
/誰も並んでない!\

開店まで外で待ちます。

後ろに2組ほど並び出したところで開店。
私達が注文をして待っている間に、お店は満席になっていました。
そのあとはずーっと満席。
お店の前を13時くらいに通りかかったときにも、まだ並んでいました。
開店10分くらい前には並んでおいたほうが確実かと思われます。

あかね
というわけで、ブログのタイトルを回収してしまいましたので、この先は「翼果楼」の食レポをしていくということでよかろうか。

 鯖グルメづくし!「鯖そうめん」と「鯖寿司」のセットがおすすめ

焼鯖そうめんによせ湯葉豆腐、焼き鯖寿司3貫、お吸い物、黄のものがついたセット「鯖街道 焼鯖寿司付」(1850円)を注文しました。

やわらかく煮込んである鯖がのっています。醤油ベースで少し甘い味付け。

下にあるのはそうめんには、鯖の煮汁が染み込んできます。

そうめんと言いつつも、つゆは入ってないんです。

各テーブルに置いてあるゆず七味や山椒をかけていただくのもよし。

私は山椒をいっぱいかけて食べました。ひつまぶしみたいな感覚でしょうか。山椒のシビと香りが、甘辛く濃厚な鯖の味にほどよい清涼感を呼んでくれます。

ちなみにこの鯖そうめん、湖北の風習と冠婚葬祭が深く関わっているそう。かつて農家へ嫁いだ娘のもとへ、繁忙期になると実家から焼鯖を届けていて、それを手軽にそうめんで食べていたとのこと。長浜では曳山祭の客人をもてなすごちそうの一つでもあったんだとか。

心のこもった伝統料理だったんですね。

知らなんだ。

続いて「焼き鯖寿司」。鯖はこんがり焼いてあり、身はふかふか。甘酸っぱい生姜がアクセントです。

おみやげに持って帰りたいほどおいしいです。

お酒もそろっていて、もちろん滋賀県の地酒も。

寒い日だったので、熱燗でいただきました。

おちょこを選べたので、味わい深い木の杯をセレクト。

のんびり昼呑みを楽しみました♪

ぜひ、長浜に行く際には参考にしてみてください!

このあと、長浜をお得に回る方法についても記事を書く予定です。