忘年会シーズン! RIZAPのトレーナーさんに訊いた、酔っぱらい過ぎないように気をつける方法

ついにブログ更新がとまってしまいました、水・木。

忘年会でした。

この週、すごく飲み会が多かった。

そして、仕事は(私ではないところで)予想を遥かに超える遅れ。

動いていなかった仕事が木曜の夜に動き始め

金曜の朝は外出の予定があり、

ああ、もう、だめだ。金曜夜の忘年会は無理だ・・・と

代打・夫に託しました。同業でよかったと思う瞬間です。

(そして、夫は予想以上に楽しみ、まだ帰ってきません)

それはそうと、

最近、めっきり酔っ払うようになりました。

仕事関係の飲み会が多いので、

我をなくして、余計な話をするわけにはいきませんよね。

(絶対、余計な話をしていそうですけどね)

そんな悩みを、駅で朝に寝ているレベルで酔っぱらう友人に相談したところ

痩せると酔いやすくなるんじゃない?

と言われました。

たしかに、その理論でいくと突然14キロ痩せた私は、相当酔いやすくなっているな、と思ったのです。

真偽のほどは、わかりませんが。

RIZAPのトレーナーさんに、酔わないためにはどうすればいいか聞いてみました。

タンパク質を摂らないといいかも

とのこと。

肝臓は、アルコールも分解するけれど、タンパク質も分解するそう。

だから、タンパク質を摂りすぎると、

アルコールの分解が追いつかなくなるかも、と。

ということで、肉や魚の代わりに野菜を食べたほうがいいいとのことでした。

(米食うぞー!と心のなかで思いましたが。)

まあ、飲み会って、しゃべることに集中して、あんまりごはん食べられないですよね。

ちなみに、飲みすぎた翌日に体重が異様に減っているのは、水分が出ているからだそう。

私は、毎朝体重を測っているのですが

「あれ?昨日飲み会で〆の米を食べたのに、痩せている!!」という経験がよくあります。

1,2キロ違ってびっくりしますが

水分が出ているからだそうで、

水分を取ったら元に戻ってしまいます。

でも、飲みすぎた次の日は、うれしい。