旨すぎる!!でも、味は一緒!?駿河湾の「桜えび ポテトチップス」と富山の「しろえび ポテトチップス」を比べてみました。

食べる手が止まらない、非常に危険なおみやげスナックに出会ったのが、数年前。

その名も「桜えび ポテトチップス」。

静岡方面に行くたびに買いだめしていました。

そして、富山でも見つけました「しろえび ポテトチップス」。

どっちもおいしい!

その2大おいしいポテトチップスが、なんと、東名高速道路の浜名湖SAで両方売っていたのです!

うれしい!せっかくなので両方買いました。

食べ比べてみました。

旅先で食べるから、「あれ?味が似てるなあ」という曖昧な記憶でした。

この機会に、食べ比べしてみることに。

形状は同じ。(ポテトチップスですからね)

食べ比べた時は覚えていましたが、今となってはどっちがどっちか、わからない。

そして、味もほぼ同じ!!!!

あえて言うなら、「しろえび ポテトチップス」のほうがちょっとだけ、ちょっとだけだけど甘い・・・?

うーん、違いがわからない。

製造している会社を調べてみました。

「しろえび ポテトチップス」は、「株式会社あいの風 M704」。

「桜えび ポテトチップス」は、「株式会社わかふじ M704」。

一見違う会社に見えますが・・・

「M704」が共通していることに気づきました。

そして、検索してみたところ

「マツザワグループ」というグループ会社ということがわかりました。

愛知の「蒲郡みかんジュース」や新潟の「安田牛乳シリーズ」、長野の「白い針葉樹」もマツザワグループでした。

全国の銘菓を手掛けているんですね。

初めて知りました。

原材料名を比べてみました。

<桜えび ポテトチップス>

馬鈴薯、植物油脂、デキストリン、砂糖、酵母エキス、食塩、桜えびパウダー(静岡県産桜えび)、エビエキスパウダー、魚介エキスパウダー、蛋白加水分解物、オニオンパウダー、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム

<しろえび ポテトチップス>

馬鈴薯、植物油脂、砂糖、エビエキスパウダー、デキストリン、食塩、蛋白加水分解物、エビ粉末(富山県産しろえび)、酵母エキスパウダー、調味料(アミノ酸等)

「桜えび ポテトチップス」のほうが、原材料名が多いんですね。

「桜えび ポテトチップス」にあって、「しろえび ポテトチップス」にないものは、魚介エキスパウダー、オニオンパウダー、炭酸カルシウム。

原材料名から推測するに、「桜えび ポテトチップス」のほうが複雑な味わい・・・なのでしょうか。

「桜えび ポテトチップス」は酵母エキスが前の方に書いてあるので、たくさん入っていそうですね。

酵母エキスがたくさん入っているということは、旨味が強いのでしょうか。

でも、すみません、あんまりわかりません!!!

唯一わかるのは、どちらも止まらなくなるくらいに美味しいということ。

どこかで見つけたら、ぜひ買ってみてください!