ドラマ「ハケンの品格」には、下請け自営業にも通ずる名言がいっぱい!

「ハケンの品格」をHuluで観ております。

2007年のドラマなんですね。

フロッピーを紛失したり、ガラケーで電話したり、

パソコンの画面がやたら小さかったりと

時代を感じさせるオフィス環境。

ハケンだけでなく、自営業にも通じる名言がいっぱい!

 

正社員になってもリストラ、あと潰れたら終わりだね。

不景気が100年続こうと、日本中の会社が潰れようと私は大丈夫。

派遣が信じるのは、自分と時給だけ。

生きていく技術とスキルさえあれば、

自分の生きたいように生きていける。

そうそう。

時給を「ギャラ」と置き換えれば、そう。

 

社員はハケンよりも優れていなければいけない。

ちょっとこれは、私も気をつけようと思いました。

でもまあ、私たちはハケンではなく外注なので

キャリアを重ねるとまた立ち位置も変わるかもしれません。

いくつになっても必要にされるよう、スキルを磨いていきたいですね。

プライドではなく品格。

ハケンもですが、外注もプライドではなく品格を持って

仕事をしていかないといけないんだろうなあ、と感じました。

品格。

いい言葉ですね。

 

ドラマに関しては、こんな記事も書いています。

テレビドラマは、仕事の参考になり会話のネタになる、けっこう使えるものかもしれない!