自営業なるもの、努力も必要だけど、稼ぐイメージをすることも必要だと思うのです。というわけで、東京に行ってきます!

日曜日から東京におります。

仕事に関係しそうな人々にたくさん会うので、

仕事の一環ですが、直結するものではありません。

「じゃあ、わざわざ何しに行ったの?」と思われそうですけど、

イメトレです!イメトレ!

メインイベントは「上阪徹のブックライター塾」新年会!

 

上阪塾長が最近購入されたという豪邸のゲストスペースで開催されました。

ライターという仕事は、下請けがほとんど。

自分の力を磨いて磨いて、その先にはどうなるの?

 

と、やさぐれた気持ちになることもたくさんあるし、
そもそも業界的にギャラは下がっていて、夢のある仕事じゃないのはわかってる。

 

でも、諦めてはいけない。
いきなり化けるかもしれない。
ちゃんと続けていれば、本当に役に立てるプロフェッショナルに行き着くかもしれない。
自分が経験をもとに紡いだ言葉が、誰かを変えることもあるかもしれない。

いきなり化けるためには、イメージが必要。

この仕事ですごく稼いでいる人に会って、その生活を垣間見る。
ライターとして成功しているといえば、ブックライターの上阪徹さん。
おこがましいことを言うと、ロールモデルです。

「取材」「ライティング」を突き詰めると、

ブックライターになれて

印税が入って

著書まで書ける!

そして、東京の高級住宅地に、こんな立派な家!!!!

 

憧れる。

だから、定期的に集まりには参加するのです。

ちゃんとこの目で見てくる、空気を感じてくる。

そして、感動してくる!

 

できるとか、できないとか、実際どうだとか

そういう難しいことは、とりあえず考えない。

「ほ〜!」「すごい!」「こうなりたい!」「できるかも!」

と、バカみたいに感動することが大切だと思っています。

 

全てが参考になりました。

 

お仕事場もみせていただきました。

大量の資料はどうやって収納しているの?

イスは?机は?

印象的だったのは、神社のお守りが壁一面に貼ってあったこと。

やるだけやって、神頼み、重要。

稼いでいる人は、だいたいやっている印象です。

 

目の前にあることをとにかく一生懸命にすることが重要。

 

すごい世界を見せてもらった次の日、

私がした仕事は、掲載してくれた店に

「明日雑誌が発売されますので、読者が来たときにはご対応お願いします」

と、書類を送る仕事!書いてすらいない。

クレームなく運用するためには必要だと思って、気を利かせてやっているだけのこと。

そういう積み重ねですよね。

上阪徹さんも言ってました。

とにかく目の前の仕事に一生懸命に。あとは自分の運を信じること。

運を信じて、イメトレして、がんばろー。

(そろそろ、新聞の原稿にも取り掛からないといけない。ちゃんと書いてるよ。かなり恵まれた環境です。)