昼呑み万歳!酒屋の店頭で立ち呑みできる、角打ちスタイルの「みのや北村酒店」

「矢田かつ」で食べて、

ニトリ 大曽根店で買い物をして

ちょっと呑み足りなかったので、「みのや北村酒店」に行ってみました。

みのや北村酒店

角打ちできる酒屋さんとして、有名なのですが、訪れるのは初めてでした。

朝から晩まで呑める酒屋さん

お店の一角にカウンターがあります。

ワインや日本酒は、所定の冷蔵ケースから取り出して、
カウンターに持って行って、注いでもらうスタイル。
グラスにいっぱい!太っ腹!
生ビールはカウンターで注いでくれます。これも、けっこうな量。

 

カウンターを囲んで一杯やるのか、と思ったのですが、
店中にテーブルが点在していて、店中どこでも呑めることに驚き。

カウンターで隣に居合わせた“ご常連さん”が話しかけてくれて、

「ここに荷物を置くんだよ」「ここにもおつまみがあるよ」「カウンターで呑むといいよ」と、
親切に、お店の楽しみ方を教えてくれました。

まずは、寒くなってきたので、ホットワイン(たしか400円)を注文。

シナモンなどのスパイスがしっかり効いていて、体があたたまります。

奈良漬け、らっきょう、韓国のり、ゆで卵、あられ、柿の種、チーズなどが
バラ売りされていて、どれも100円以内で買うことができます。

「お酒に合わせて、ちょっとだけ食べたいんだよね」というときにぴったりなサイズ。

みのや北村酒店 内観

「自然酒 田村」が仕込みタンクのまま、ドーン!と。とても珍しいそう。

ほんのり甘みがあり、すっきりした後口で呑みやすかったです。

店内には、本も置いてありました。(借りることもできるそうな)

小学生のころに愛読していた、ねじめ正一さんや妹尾河童さんの小説など、

懐かしいものもありました。

 

ひとりで来て、本を片手に立ち呑みというのも、いいかもしれません。

みのや北村酒店 三千櫻

奈良漬に合わせて、日本酒が呑みたくなり

東濃のお酒「三千櫻」をオーダー。

愛知・岐阜・三重の酒蔵のものを中心に揃っていました。

 

満足!

 

帰りがけ、

「五一ワイン」と、さきほどの「自然酒 田村」をおみやげに買って帰ることに。

「自然酒 田村」は、あの仕込み樽から瓶に詰め替えて販売してくれます。

100ml 290円でした。うちは、720ml(瓶1本分)を購入。

お店には、無農薬野菜や葉巻のタバコが置いてあったりと、

商品にもこだわっている感じが、すてきです。

 

秋が深まる頃には、お店でスモークしたベーコンやチーズも登場するとか。

それはぜひ味わいたい!

店の一角でライブをすることもあるそうです。

 

地下鉄大曽根駅の6番出口を上がってすぐのところにあり、アクセスも抜群。

ナゴヤドームからは徒歩約18分です。

みのや北村酒店
052-722-0308
愛知県名古屋市東区矢田1-5-33

 

 

ちなみに、大曽根駅周辺には他にも角打ちできる酒屋さんが2軒。

歩いて行けるので、ハシゴしてもよさそうです。

佐野屋

おつまみが充実していて、特にポテトサラダがおいしいです。金虎酒造の直営なので、貴重なお酒も呑めるみたい。

大曽根駅から徒歩3分。

長太屋酒店

今度ぜひ行ってみたい!

大曽根駅から徒歩13分。

 

角打ちできる酒屋さんがこんなに集まっているのもめずらしい。

大曽根は一見、都心のターミナル駅ですが、

実は、昼呑み天国なんですね。

うちからも近いので、まためぐってみようと思います。