親指シフトを教えてもらいました!1時間やってみた感想は…「ただ、ただ辛い」

忘れぬうちに、書いておこう。

「親指シフト」を始めたばかりの感想を。

ものくろさんやたちさんの講座で知った、キーボードの不思議な打ち方。

親指シフトまとめ

ローマ字入力のときでも手が動きすぎているらしい。

指摘されるまで、まったく認識していませんでした。

たしかに、指が踊っている・・・キーボードの上で。

少なからず、ローマ字入力には自信があったのに。

あまりに忙しいと、腱鞘炎になるのは、フォームのせいだったのか。

アプリを入れました!

Macにて、親指シフトタイピングができるアプリ「Lacaille」というものを入れました。

設定とか、調べながらするのが面倒なので、

教えてもらえて、よかったです。

キーレイアウトをもらいました。

これを見ながら練習するらしい。

決して、キーボードを見てはいけない!!!!!とのこと。

## 実際にやってみました。

指の腹ではなく先を使って、「猫の手」で打つとのこと。

(猫の手って・・・ピアノみたいですね。)

すぐに指を伸ばしてしまうクセがあるみたいで、なかなか辛い。

打ちたい文字が見つからない。

さっぱりわからん。

まず、キーレイアウトから、打ちたい文字を探すことから始まります。

全く馴染みのない文字配置なので、苦戦。

「ありがとう」と打つのに、10分かかるレベル。

破裂音は違う場所にあるので、これまた辛い。

「ね」「ほ」は、指が曲がらない。

上の列はいいのですが、下の列が届かない。

こんな方向に、指、曲がります???状態。

新しい筋肉を鍛える感じで、辛い。

人差し指の可動域が広い・・・!!

人差し指だけ担当が多いよ〜。

しかも、遠方の担当も多いよ〜。

辛い。

それに加えて、親指との同時打ち・・・

同じタイミングに打つのが、おもったよりも難しい。

通常、command+Cとかって、キーを押すタイミングはバラバラでも

両方押しているタイミングがあれば認識してくれますよね。

親指シフトは、そうはいかないようです。

この同時押し、慣れるのが辛そうです。

3ヶ月くらいで慣れるらしい。

ローマ字入力のときも、

フォームが固まって手が疲れにくくなるかもしれないとのこと。

メールを返信するときだけ、など自分で決めて練習してみるといいらしいです。

やってみよう!

教えてもらったゾノさんのブログはこちら。

親指シフトまとめ〜日本語かな入力に適したキー配列が気になる人へ〜