2017年ドラフト会議から感じた「手放すことの大切さ」「ご縁の不思議」。

「2017年 プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が先週終わりましたね。

高校野球もちょっとだけ観ていたプロ野球ファンとしては、ドキドキでした。

 

●清宮選手はどこの球団が獲るのか!?

●中日ドラゴンズは誰を指名するのか!?

まあ、その結果についてはあまり語ることがないのですが

ひとつだけ、このドラフト会議で思ったことがあります。

手放したら、入ってくるんだ!

清宮選手の交渉権は、日本ハムファイターズが獲得しました。

日ハムといえば、選手を手放しまくる球団。

谷元投手も中日にトレードされましたし、大谷投手もメジャーに挑戦するんですよね。

そういえば、先日ワールドシリーズで炎上したり、いい人だと話題になったりした、ダルビッシュ有投手も日ハム出身。

ほんと、大物を手放しますよね。

でも、また不思議とメジャー級の選手が入ってくる。

手放したから、入ってきたんだろうな、と思いました。

ほしいものがあったら、それと同等のものを手放す。

これは、仕事や人間関係でも言えるのかも。

 

すべて「ご縁」で決まる。

広島県・広陵高校の中村選手は、広島と中日が指名して交渉権は広島へ。

そして、中日には浜松出身の鈴木投手が。

ドラフト会議の番組で、「就職先が選べないなんて・・・」みたいなコメントもありましたが

たしかに選手は球団を選べないけど、選べたところで選ばれないかもしれないし

結局、「ご縁」のあるところにみんな収まっていくんでしょう。

 

 

そういえば、中学校の入学式で

「あなたがたは選ばれてここの学校に来たのです」と言われたことを思い出しました。

第一志望にしている人も多いけど、すべり止めにしている人も多かった中学校で

かくいう私も、上位2校を落ちて入ったので

「選ばれて」という言葉は、すぐには腹落ちしなかったのですが

今思えば、他の学校を落ちたことを含めて、「選ばれた」ということですね。

 

尊敬する上阪徹さんというブックライターの方も言っていました。

「目の前の仕事に全力で向かう。ご縁を大切にする。自分の運を信じる」

 

「ご縁」の世界というのは、奥深い。

ドラフトも、自分の行く末も、最後の最後は運に任せるしかないんだろうな、と

ぼんやり考えておりました。