JR指宿枕崎線にゆられて、JR日本最南端の「西大山」駅へ。開聞岳と線路の絶景!

「指宿のたまて箱」を堪能して、次に目指すは西大山駅!

JR日本最南端の駅なのだそう。
(沖縄にゆいレールができる前は、鉄道自体の最南端の駅だったみたい)


△私は、最北端の稚内駅にも最東端の東根室駅にも行ったことがあるので、あとは佐世保駅だけ行けばコンプリートなことがわかりました。

指宿駅から出発!


△JR指宿枕崎線で18分です。「指宿のたまて箱」で乗ってきた区間の、さらに先に行きます。


△ワンマン列車です。ボックス席でした。


△通称「スヌーピー山」。寝転がっているスヌーピーのシルエットに似ていることから、そう呼ばれているんだって。ちなみに、右側が頭。

ホームの枕崎方面の先には「JR日本最南端の駅」の標と、その背景に開聞岳が!!
絶好の撮影ポイントです。


△電車は枕崎駅行きなのですが、西大山駅で2分停車。その間に電車を降りて写真を撮影する人でホームの前側は溢れかえっていました。

西大山駅で下車する人は、電車が出発したあとにゆっくり撮影するのがおすすめです。


△かごしまPRキャラクターの「ぐりぶー」と開聞岳。


△途中下車したので、次の電車まで30分ほど待つことに。駅のすぐ前にお土産屋さんと食堂があります。
(それ以外、近くに商店ぽいものはありませんでした。)

店先は食堂のイートインスペース兼休憩所になっています。


△自由に使える写真撮影用のアイテムがいっぱい置いてありました。


△全部手作りっぽくて、温かみがあります。


△「西郷どん」の最後に出てくる「きばれ!チェスト」も。


△裏に意味が書かれていました。鹿児島弁で「ファイトー!オー!」らしい。知らなかった。


△小ネコがいました。かわいい。なにか食べている。なんだろ・・・よく見ると、カエルでした。うう・・・。


△「かいもん食堂」は、外と中に食べるスペースがあります。時間があったので、スイーツでも食べようかと。


△西郷どんとつんの人形、かわいい。売ったらほしい。


△夫は、「ちらん茶ソフトクリーム」を買いました。


△私は、すいかスムージーにしました。


△お土産屋さんにかわいいポストカードがあって、切手のあらかじめついているものだったので、駅前の黄色いポストから自宅にお手紙を出すことに。私たちか、ポストカード、どっちが早くつくだろう。

この黄色いポストは、「幸せをとどける黄色いポスト」らしい。

ということは、自宅に幸せをとどけたということですな。楽しみ。


△また、電車と標と開聞岳の写真を撮りたかったので、電車が来る5分ほどまえからスタンバイ。無事、連射でいい感じのものを撮ることができました。

あ~よかった!

絶景の駅、ぜひ行ってみてください!

鹿児島の観光情報はこちらから。