鹿児島・指宿「指宿温泉 砂むし会館 砂楽」で海風に吹かれながら砂むし温泉を堪能♪

指宿名物、砂蒸し風呂に行ってきました!

こちらは、世界でたった一つ(!)の天然砂蒸し温泉とのこと。

海岸で砂蒸し風呂が楽しめるんです。


△「指宿温泉 砂むし会館 砂楽」は、指宿駅からタクシーでワンメーターとちょっとくらいでした。

受付をして、浴衣を受け取ります。


△ロッカールームで着替えたら、海岸に出ます。

スマホは1グループ1台まで持ち込みOKとのこと。スマホとロッカーキー、あとはタオルを持って出ます。


△砂蒸し会場は、海岸沿いにあります。海風が気持ちいい♪

砂蒸し風呂は男女兼用なので、家族やカップルで楽しめます。

天候が良いと、砂浜で砂蒸し風呂ができるらしいのですが、
この日は、屋根のある全天候型の会場でした。


△着いたらすぐに、砂蒸し風呂開始。タオルをほっかむりして、砂に寝転びます。

スタッフの方がスコップで手際よく砂をかけてくれます。

なかなかの重さ・・・。

土砂災害でたくさんの犠牲者が出てしまうのが、よくわかります。

砂って、想像よりだいぶ重い。

砂蒸し風呂を体験するたびに、土砂災害には巻き込まれないように気をつけようと思います。

スタッフの方が写真を撮ってくれます。慣れたもんで、さまざまな角度から撮影してくれますよ。

指宿の砂蒸し風呂といえば、写真にあるような青、赤、黄色、白のパラソルのイメージがありますが、これは日よけだそうです。

砂にさして撮影してほしいと頼んだら、やっていただけました。

スタッフの方、若いからなのか、パラソルの傾きも調整しながら撮ってくれた。いい感じ。

写真を撮影してもらったりしていると、10分の入浴時間はあっという間!

思ったより汗が出なかったけど、楽しめました。

ちなみに、スマホはビニール袋に入れて返却してくれるので、砂だらけの手でも安心。

浴衣についた砂をほろいながら、男女それぞれの浴場へ。

浴場の外にあるロッカーにスマホを預け、

シャワーで砂を落としたあと、今度は指宿温泉に浸かります。

薩摩の武士たちも疲れを癒やしたと言われている指宿温泉。幕末に思いを馳せながら、湯浴みをします。

入浴後、ロッカーに預けたスマホを取りに行こうと、うっかり裸で外に出ようとしたら、
スタッフのかたに全力で止められました。笑
男女兼用ゾーンに裸で行こうとしていたらしいです。

入浴したあとゆっくりしたい人や、バスの時間を待ちたい人のために、リラックスルームがあります。リクライニングチェアでくつろげますよ。


△私たちは軽食コーナーで、とりあえず乾杯。何の変哲もないビールと枝豆です。


△ここのメニューの英訳が面白かった。黒豚丼「Black Pigs bowl on the rice」(米の上に丼??)とんこつラーメン「Poke bones ramen」(百歩譲って、noodleかな。)

休憩したあと、バスで宿に向かいました。

スポット情報

砂むし会館 砂楽
鹿児島県指宿市湯の浜5丁目25番18号
TEL.0993-23-3900

鹿児島の観光情報はこちら。

鹿児島旅行記はこちら。

鹿児島中央〜指宿 観光列車「指宿のたまて箱」に乗車。海越しの桜島がキレイだった♡

JR指宿枕崎線にゆられて、JR日本最南端の「西大山」駅へ。開聞岳と線路の絶景!