2018年秋ドラマレビュー(1)高畑充希が一心不乱にご飯を食べる姿がかわいすぎる♡「忘却のサチコ」テレビ東京 毎週金曜 深夜0時12分〜放送

いよいよ、2018年秋のドラマが始まりましたね。

今観ているドラマのレビューをしていこうと思います。

今回は「忘却のサチコ」。

漫画が原作で、2018年1月2日にスペシャルドラマとして放送され、

大好評につき、連ドラとなって帰ってきたそうです。

出版社で編集者をする「サチコ」(高畑充希)が主人公。

主演・高畑充希 結婚式の日、新郎に逃げられた文芸誌のアラサー編集者・幸子。“鉄の女”が辛いことを忘れるために “旨いもの”探し求めて奔走するグルメ・コメディードラマ!  (公式サイトより)

「その完璧な仕事ぶりから“鉄の女”と称されるほど、超真面目で優秀。」だというサチコ。

クローゼットを開けると、「月曜日」「火曜日」「水曜日」・・・と書いたスーツがずらーっと並んでいて
しかも、全部ほぼ同じもの・・・!!!

効率主義なんですね。

仕事もすべて先回りをしながら、テキパキ進めていくタイプ。

キャリアウーマンの設定や、身のこなしは「義母と娘のブルース」を彷彿とさせるものがあります。

でも、高畑充希が演じると、「完璧な女」というより「一生懸命な女の子」という印象。

思わず応援したくなるキャラクターです。

ストーリーは第一話」「第二話」ではなく「第一歩」「第二歩」と進んでいくようです。

グルメまでの流れと、チョイスが気になる。

いまいち、グルメへの伏線が弱いと感じたのはなぜだろう・・・。

ふとしたときに元婚約者のことを思い出してしまい、「おいしいものを食べなきゃ・・・」くだりは何度かあったのですが

「どうしても食べたい」という、思いが・・・伝わってこない。

井之頭五郎さんの「腹が・・・減った・・・」のほうが、切迫感が感じられる。笑

第一歩のテーマは、「食べて!忘れる!ごほうビーフ」ということで、「関西風すきやき」が登場。

個室で、女将さんに焼いてもらって食べていました。

そんな回があってもいいけれど、初回はもっとB級グルメ的なほうがよかったなあ。

まあ、おいしそうにすき焼きを頬張る姿が、めちゃくちゃかわいかったのでよし!

スペシャルドラマ・原作コミックはこちらでも観られます。