自宅勤務の私が、うっかり寝てしまわないように工夫していること。

「夜の巷を徘徊する」の特集がシェアオフィスだったので観ていました。

「なぜ、シェアオフィスを選んだんですか?」との質問の答えとしてあがっていたのが

「家にいると寝てしまうから」。

「わかるわかる!」という人、いらっしゃるのではないでしょうか。

実は私、この悩みを乗り越えてしまったのです。

仕事場に住んでいますが、規則正しく働いています。(まあ、法人だからね・・・)

どのように乗り越えたのかを紹介していきたいと思います。

現在のワークスタイルはこんなかんじです。規則正しい!

朝9時には仕事を始めます。

8時くらいに目がさめて、新聞をチェックしてから片付け、

手帳に時間ごとのやるべきことを書いて(だいたい守れない)

9時頃から仕事をします。

ただし、いったん、夫の家事を手伝うために中断することもあるけれど、

朝9時に仕事を始めるという習慣は、かなり定着しています。

また、効率の悪い時間はあっても、寝てしまうことは・・・ないんですよね。

朝、規則正しく起きるために、心がけていること。

その日の午前中にすべき仕事を少し残して寝ることです。

これ、前日にすべて片付けてしまうと、

なぜか次の日起きれないんですよ。

逆に、やり残したことが多すぎる状態で寝ると、悪夢にうなされます。

調整が難しい・・・・・・。

昼間寝てしまわないように、心がけていること。

お昼に寝てしまうのは、布団に吸い込まれる現象によるもの。

「あ〜、やんなっちゃう」
「どうしよう・・・」
「わ〜テンション上がるな!!」

と、自分の心と話すとき、なぜか布団にダイブしてしまうんですよね。

で、そのままスマホを眺める→ウトウトすると進行していきます。おやすみ。

解決法はひとつ、布団への動線を断つこと。

布団に吸い込まれるのは、衝動的な現象。

つまり、衝動の先に障壁を作ればいいと気づいたのです。

簡単です、布団が見えない場所で仕事をすること。

寝る場所と働く場所は、徹底的に分けること。

私の仕事部屋のとなりは寝室です。

その間にある扉は、絶対に・・・絶対に開けません。

寝室から邪気が流れてくるんです。

眠くなるんです。根拠のない邪気です。

部屋には無印良品の「人をダメにするソファ」があるし

壁の向こうには寝転がれるソファもある。

でも、吸い込まれません。

布団には、魔力があるんでしょうね。

しょうもなさすぎて、実行しやすいと思いません?

その日の午前中にすべき仕事を少し残して寝る。

寝る場所と働く場所は、徹底的に分ける。

しょうもない解決法でしたね。

すごく当たり前のことを、ドヤ顔で話したような恥ずかしさ。

みなさんに効果がみられるかはわからないのですが、ぜひ参考にしてみてください。