極細0.4mm×なめらかな書き心地「フリクションポイント04」が出ていました!

書いては消して、が多い仕事。

PILOTのフリクションシリーズは欠かせません。

どれだけ欠かせないものかというと、

うちの夫が、以前、新しく仕事を手伝ってもらう人に

「これは絶対必要になるから!」とフリクションボールの赤色をあげたほど。

フリクションボールがない頃は、修正液を駆使して

大変だったなあ。(もう、ぜんっぜん覚えていませんが)

 

私は、手帳にアポイントを書くときと、封筒や正式な書類に書くとき以外は

フリクションを使っています。

 

マーカーやサインペンなんかもあって、

色もブルーブラックやチェリーピンクなどバリエーションも豊富です。

もう、フリクション以外は使えない!フリクションなしの生活なんて考えられない!

 

 

でも、忘れられないペン、ありませんか。

私はあります。

小学生〜高校生くらいのとき、ヘビロテしていた「ハイテックC」。

1994年に発売されて以来のロングヒット商品。

受験勉強のとき、テスト勉強のとき、お世話になったなあ。

あの、なめらかな書き心地は、「ボールペン」の一種であるフリクションとはまた少し違っているような。

フリクションにも0.38mmの細さはあるのですが、

細くても、なんか、うまく言えないけど、ボールペンなんですよ。

 

と思っていたところ、ついに、見つけました。

「ハイテックC」のような書き心地のフリクション!!!!!

0.4mmの「フリクションポイント04」なるものが!!!!!!

てか、よく調べたら2009年に発売されている・・・・ありましたっけ?こんなの、ありましたっけ???

ペン先は、極細のステンレスパイプの先端に設けた 4 つの“くぼみ”でボールを支えるパイロット独自のパイプチップ方式
を採用。“点”でボールを支えるため、通常のボールペンに比べボールとペン先の摩擦が少なく、ボールがスムーズに回転
し、細書きながら滑らかな書き味です。

と、書いてあるので
構造は「ハイテックC」と似ているようです。

「ハイテックC」は3つのくぼみ、「フリクションポイント04」は4つのくぼみなので、何か違うのですね。

実際にノートに書いてみました。

 

ああ・・・・「ハイテックC」に近い・・!!

でも、「ハイテックC」のほうが、もう少し「カリカリ」した書き心地かも。

 

これから、老眼になったら絶対見れないレベルの細かい字に

朱を入れる仕事が続くので、

極細で書き心地の良い「フリクションポイント04」が活躍しそうです!

 

[amazon_link asins=’B001ZS8I46′ template=’ProductLink’ store=’akane3.com-22′ marketplace=’JP’ link_id=’d8fc6939-d024-11e7-8ef6-dfa82a088ac0′]