「MINIATURE LIFE展~田中達也 見立ての世界~」(名古屋・テレピアホール)に行ってきました!日用品とミニチュア人形が織りなす、不思議な世界に迷いこむ。

「MINIATURE LIFE展」に行ってきました!

クロワッサンが青空に浮かぶ雲に、ブロッコリーが大きな木に、プリンが南の島に…。
ミニチュア写真家・田中達也は、日常のものを題材にして見立てた写真作品を、2011年から一日も休むことなくインターネット上で発表しています。
その作品世界は、思わずくすっと笑ってしまったり、さすが!と唸ってしまうような楽しいものばかり。なんとSNSのフォロワーは海外を含め140万人を超え、さらに増え続けています。(2018年7月現在)
2017年NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックも担当し、
現在もっとも旬なアーティストとして活躍の場を広げています。
展覧会では、代表作品より写真を100点、作品を30点、合わせて約130点を選りすぐり、実物のミニチュア作品も展覧します。(東海テレビ HPより)

会場や作品は、写真撮影OK!

心に残しておきたい作品を、スマホにおさめてきました。

作品はもちろんですが、作品タイトルも秀逸。

哲学的だったり、シャレがきいていたり。

特に気に入ったのは、この6つです。


△「文房具ヒルズ」


△「問題の解き方は人それぞれ」


△「たっぷり遊んで心の洗濯」


△「死んでもプラス思考」


△「古代エジプトの古王国時代に作られたマルィンクス」


△「園芸がしゅげぇ(手芸)」

名古屋限定の作品もありました!


△小倉トースト。

実際のミニチュアも展示もいくつかされてましたが、私は撮影した写真のほうが好きでした。

ミニチュアの世界に没入できるんですよね。

作品のアイデアや作り込みはもちろんですが、撮影や写真加工のセンスがあっての、世界観かも。

私も展示しているミニチュアを撮影してみましたが、いまいち、、、。

写真好きな人にとっては、腕がなる被写体だったかもしれません。

ミニチュア気分が味わえるフォトスポットも。


△ポッキーの色塗り。


△穴あけパンチが降らした雨。

おみやげもいっぱい買っちゃいました。

ミニチュア雑貨と展覧会オリジナルのグッズがありました。

心がときめくものがいっぱい!


△ミニチュアの雑貨たち。グラマラスなミニチュアの人形もゲットしました。夫に乗っけて、撮影して遊ぼうっと♪


△一筆箋。桜の花びらでできた舟のミニチュアが風流。


△クリアファイル。いくつか種類がありました。

写真集も発売されているみたいです。

名古屋での開催は、11/25まででした。

見逃してしまった方は、写真集で堪能してみてはいかがでしょう?