関西人の「行けたらいくわ〜」は断り文句なのか、実際のところを訊いてみた。

先日、大阪に出張しまして

その足で、取引先の本社にご挨拶にうかがいました。

そのとき「また名古屋でみんな集めて飲もうよ!」と言っていただいたので

「ところで、関西人の“行けたら行くわ”は来てくれないって本当ですか?」と

名古屋人が気になっていたことを訊いてみました。

(訊いた相手は、取引先の社長と会社役員の男性です。決して大人数に訊いたわけではございません!笑)

そうしたら、「そうだよ」とのこと。

「では、“行けたら行くわ”と言われたら、予約の人数に含めないほうがいいんですか?」と確認したところ

予約の人数には含めていいとのこと。

行けないときには、数日前には連絡をくれるとのことです。

「行けたら行くわ」分をカウントしてコースを予約したものの

断りの連絡もなく当日来なくて、料金を請求される・・・

というような、カルチャーショックな出来事にはならなさそうです。

最後には、ちゃんと断ってくれるのですね。なるほど!

 

そのあと、「今夜飲みに行きませんか?」と誘ったら

「行こうか」と言っていただけました。

「行けたら行くわ」じゃなくてホッ・・・。