大きすぎて、もはやシュールさすら感じる!世界一巨大な青銅製立像「牛久大仏」

牛久の町で、ひときわ目立つ牛久大仏に行ってきました。

エンタメ大仏かと思ってましたが、浄土真宗東本願寺派本山東本願寺の大仏だそうな。

高さ120m、仏像としての大きさでいえば世界で3番目ですが、

青銅製立像では、世界一巨大らしいです。

高速道路からの姿。

庭園内には、大仏の頭が。こんなに大きいのに、体積は1000分の1だそうな。

庭園ごしの大仏。桜の時期はさらに良さそう。

なんと、この大仏の中には入ることができるから面白い。

まずは、阿弥陀如来像が佇み、浄土真宗のお経が映し出される光の世界が迎えてくれます。なんとも俗世的な。

そして、エレベーターで大仏5階へ。大仏のなかですが、階数があるそうです。

5階では、胸のあたり、地上27.8階くらいの高さから、景色が見られます。

でも、なんせ大仏のなかだから、窓が小さい。

大仏は、外から見るのが一番です。

写経体験ができる知恩報徳の世界や、胎内仏がずらーっと並ぶ蓮華蔵世界も。

敷地内には、小動物公園も。

1時間くらいあれば楽しめますよ!

牛久大仏公式サイト

投稿者プロフィール

えむた あかね
えむた あかね
名古屋生まれ、名古屋育ち、名古屋在住のライター・編集者。超零細法人のひとり社長。趣味は仕事と読書、旅行、野球観戦、呑み歩き、スパ銭めぐり、ガジェットの収集。フリーランスのライフスタイルやおすすめ情報を、アンオフィシャルに綴ります。
【詳しいプロフィールはこちらをクリックしてください】



ABOUTこの記事をかいた人

えむた あかね

名古屋生まれ、名古屋育ち、名古屋在住のライター・編集者。超零細法人のひとり社長。趣味は仕事と読書、旅行、野球観戦、呑み歩き、スパ銭めぐり、ガジェットの収集。フリーランスのライフスタイルやおすすめ情報を、アンオフィシャルに綴ります。 【詳しいプロフィールはこちらをクリックしてください】