\大人の節約旅/名古屋から静岡へ青春18きっぷで行くときは、「ホームライナー」の時間に合わせて予定を立てると快適!

先日、青春18きっぷを使って、静岡&清水まで日帰り旅をしてきました。

我が家では、青春18きっぷで静岡方面に行く時に決めているルールがあります。

それは・・・

「ホームライナー」を使うこと!

あかねさん
なにを隠そう、私は大学時代〜会社員時代、青春18きっぷで全国の鈍行列車を乗り回していたクチである。

鈍行列車での静岡県横断は、苦行でしかない。

このエリアって、電車が各駅停車なんですよね。

同じ東海道本線でも名古屋〜豊橋にあるような、新快速や特別快速がないんです。なぜか。

各駅停車だと・・・

浜松〜静岡間は、16駅・1時間11分。

浜松〜熱海なんて33駅・2時間35分!

まさに鈍行列車に揺られながら〜・・・な旅になります。

そして、「苦行」である最大の理由は・・・列車のシート。

浜松以東、列車の座席がほとんどほとんど、ロングシートなんです。


▲写真は、ロングシートのイメージです。(東海道本線ではなく、JR鶴見線だそう)

ロングシートって、前にずらーっと座る人の目があります。

落ち着かないので、長時間乗っていると、けっこう疲れてしまいます。

あと、観光客ではなく地元の方々が移動に使っている電車なので、

お酒が飲めない。

同じく地元の方々が使っている電車でもボックス席なら、隠れられるので、お酒が飲める雰囲気なんですけどね〜。

つまり、ロングシートの列車は旅向きではないということ。

想像以上に疲れます! 

青春18きっぷでほぼまる1日移動したこともあるくらい乗り鉄な私ですら、本当におすすめしないです。

あかねさん
悪いことは言わない、大人の静岡県横断には新幹線を使いましょう!

唯一ボックス席の列車は、「ホームライナー」。

そんななか、青春18きっぷでも浜松〜静岡・沼津あたりまでを快適に移動する救済措置があります。

それは、「ホームライナー」に乗ることです。

運賃のほかに、乗車整理券が必要な列車です。

乗車券代は、青春18きっぷでOK。

乗車整理券代(320円前後)を払えば乗れます。

(特急列車や新幹線は青春18きっぷと併用ができないんですよね)

特急列車に近い、ゆったりしたボックスシートで快適!


▲特別感のある車体。


▲全車指定席です。座席同士の感覚も離れているので、足元のスペースも広めです。


▲長時間座っても疲れにくい、ふかふかシート。背もたれを倒すこともできます。


▲テーブルも取り出せます。お酒を飲んだり、駅弁を食べるのに便利。

かなりかなり快適です。

「ムーンライトながら」とか、こんな感じでしたよね。

浜松〜静岡というのがもったいないくらい。もう、熱海とかまで行ってほしい。

難点は、運行本数が少ないこと・・・・・

もともとこの列車は「通勤時間帯に座って移動できること」を目的として作られたので

通勤時間帯以外は運行していないんです・・・。休日に至っては、本数がかなり少なくなります。

上り【浜松発静岡行き】

<平日は4本>
6:34 ホームライナー静岡2号  
7:04 ホームライナー静岡4号
19:34 ホームライナー静岡6号
21:19 ホームライナー静岡8号

<休日は2本>
7:34 ホームライナー静岡34号
8:29 ホームライナー静岡36号

下り【沼津or静岡発浜松行き】 
停車駅は静岡、藤枝、島田、菊川、掛川、袋井、磐田、浜松

静岡駅発
<平日は4本>
18:12 ホームライナー浜松1号
19:11 ホームライナー浜松3号※沼津駅始発
20:05 ホームライナー浜松5号※沼津駅始発
21:13 ホームライナー浜松7号

<休日は1本>
19:11 ホームライナー浜松13号※沼津駅始発

(2019年3月24日現在)

あかねさん
決して長距離移動をする旅人向けではないのです。旅は新幹線で、と言わんばかりのダイヤ。

本数は少ないけれど、「ホームライナー」に乗るか乗らないかで旅の快適度は大きく変わります。

「ホームライナー」の時間に合わせて旅の行程を考えたほうが良い。

というのが、我が家の結論。

今回の旅は、こうなりました。

朝5時台のJRで出発し、浜松へ。


▲行き

静岡で降りて、普通列車に乗り換え、清水まで。

清水の駅前にある市場で海鮮を堪能。

新清水駅から静電で草薙球場へ。

中日VS楽天のオープン戦を観戦

(あまりの寒さに)草薙駅近くにあるスパ銭へ駆け込む。

静岡駅にある居酒屋でちょい呑み


▲帰り

最寄りのJR駅についたのが、22時前でした。

朝が早くて、帰りも終電と比べると早いので、少し計画が立てにくいのですが、

昼も夜も静岡グルメを満喫できて、観光もしっかりできるくらいの時間は確保できます。

「ホームライナー」の乗車整理券は、事前購入がベター。

実は、指定席券を買わなくても、とりあえず乗って、席に座って、

駅員さんが来たら乗車整理券を買うこともできるのですが、

座った席を指定している人が来たら、移動しないといけなくなってしまいます。

私達が旅行をした日は、行きは大丈夫だったのですが、帰りのホームライナーが満車でした。

私達は指定席をあらかじめ取って、電車に乗ったのですが

指定席を取らずに空いている席に座っている人で満席!

「あの〜・・・この席取ってるんですけど」というやりとりが、あちこちで見受けられました。

立って移動しても、乗車整理券代は同じなので、あらかじめ指定席を取っておいたほうがいいですよ。


▲主要駅の券売機で売っています。(と、JR東海のHPにありました)

ホームライナーが止まる駅には売っているので、乗る直前ではなく、少し前に買うと確実だと思います。

(ただ、当日券はある一定時間以降ではないと、買えなかったり・・・この日も朝に帰りの乗車整理券を買おうとしたら、16時まで買えないと言われました)

計画性が必要にはなりますが、名古屋を出発して、安く・快適に静岡を旅したいという人にはおすすめの列車です。

ぜひ乗ってみてください!

青春18きっぷの旅には、この本も参考になります