大学浪人時代の想い出。先生が書いた文字から、15年以上前の記憶がよみがえりそうになった話。

実家のウォークインクローゼットを探索していたとき、
大学浪人時代の参考書を見つけました。

参考書の束のなかに、封筒がありました。
中に入っているのは、添削済みの試験。
おそらく、国公立の二次試験対策の地理のもの。

ということは、河合塾で大学浪人していたころのものか。
添削システムなんてあったのか、それすら覚えていません。
(たぶん、あったんですよね。すみません)

先生がご自宅から添削したものを送ってくださったようで、
お手紙と、添削した答案用紙が入っていました。
差出人は、講師の森本英之先生。
どなただろう…(失礼極まりない)

でも、文字だけ…文字だけは見覚えがあるんです。

たぶん、私はこの文字を書く人のことを、すごく信頼していた気がする。
この文字を見る時間が大好きだった気がする。
この答案用紙を、大切に、何度も見返していた気がする。
楽しすぎた大学浪人生活の一部のような気がする…

記憶の輪郭はぼんやりとしたまま。
忘れっぽいので、最後まで思い出が手繰り寄せられず…
ああ、自分の記憶力の悪さが、うらめしい。

文字を見て、楽しかったことを思い出すという貴重な経験でした。
森本先生はまだご存命なのだろうか。

投稿者プロフィール

えむた あかね
えむた あかね
名古屋生まれ、名古屋育ち、名古屋在住のライター・編集者。超零細法人のひとり社長。趣味は仕事と読書、旅行、野球観戦、呑み歩き、スパ銭めぐり、ガジェットの収集。フリーランスのライフスタイルやおすすめ情報を、アンオフィシャルに綴ります。
【詳しいプロフィールはこちらをクリックしてください】



ABOUTこの記事をかいた人

えむた あかね

名古屋生まれ、名古屋育ち、名古屋在住のライター・編集者。超零細法人のひとり社長。趣味は仕事と読書、旅行、野球観戦、呑み歩き、スパ銭めぐり、ガジェットの収集。フリーランスのライフスタイルやおすすめ情報を、アンオフィシャルに綴ります。 【詳しいプロフィールはこちらをクリックしてください】