これって、仕事ハック!? 金運を下げずに人間関係を円滑にする「苦労話」

「私と同じことに悩んでいる人が他にもいるかもしれない!」と思い、

私が考えついたことをお話します。

「儲かってるね〜」と言われたら、どう返しますか?

「いやいや、全然儲かってないですよ〜。もう、お金がなくて大変ですよ」と謙遜するのが

世のビジネスマンの、つまらない定形会話。

下請けが、元請けより良い暮らしをすると、ちょっと感じ悪い。

でも、「儲かってないですよ〜」と、語気を強めて言っていたら

本当に儲からなくなってしまうので、言いたくないな〜と思っていました。

私は独立当初、「おかげさまで、なんとか暮らしています」と言っていました。

それもちょっと、言うたびに自分を卑下しているみたいで嫌だなあ、と。

けっこうこの問題、私にとっては悩ましいことでした。

自分が「今も、今後も、儲からないわけはない」と信じているからです。

でも、生意気だとも思われたくない。

そこで私は考えました。

「儲かってないですよ〜」に代わる、感じの良い世間話。

それは・・・・・苦労話!

「まあ、おかげさまで、最近、よくいただく仕事があるんですけどね、それは・・・・(以下、いかに苦労するかを語る)」と話を切り出すのです。

実際、苦労しています。

別に、辛くて病みそうとか、そんなわけではないし

その苦労をやめたいとも思っていないのですが、

「あんたも、偉いねえ」と、

ちょっとウケがいいので、ネタとして取っておこうと思いました。

頻繁に会う人もいるので、半年に1回は、苦労ネタが更新できると理想です。

苦労のベクトルは間違えないようにしたいところ。

そのときに重要なのが、

どのベクトルで苦労するか、ということ。

どんな苦労も受ければいいというわけではないと思うのです。

毎日が、楽しくなくなってしまうので。

では、どんな苦労を選べばいいのか。

「自分が成長できる苦労」であり、かつ、

「他の人にとっては嫌なことだけど、自分にとってはさほど嫌だとは思わない」

という絶妙なラインにある苦労を探せばいいと気づきました。

「本当に嫌なこと」は、人それぞれなので、

それぞれに、「してもいい苦労」ってあるのかも、と思ったのです。

ちなみに、私にとってはこうです。

担当者が気難しいという苦労や、交渉が厳しいという苦労は歓迎!!!

一方で、スケジュールが短すぎる、量が多すぎる、価格が安ぎるのは嫌。

前者のような苦労だけを選んで、話のネタにできれば

自分も成長できるし、人間関係も円滑になるのではないか・・・・!!!!

大発見!!!!!!!!!!!! ・・・・・ですかね!?