スマホの液晶保護ガラスを自分で貼ってみた〜!なんだ、意外とできるじゃん。

iPhoneXにかえて約半年。まだ、本体の画面は割れていません・・・!!奇跡。

でも先日、困ったことがありました。液晶画面を保護するものが、貼って2ヶ月くらいで剥がれてきたのです。

初めて買ったiPhoneXの保護ガラスを割ってしまい、ビックカメラに駆け込んだのは2018年2月のことです。

iPhoneXの画面をついに割ってしまいました。が、保護ガラスでよかった…。ビックカメラでフィルムを購入して貼り替えてもらいました!

びっくり。剥がれるものなんだ・・・。

・・・・・・・・・あれ? なんか、貼ってあるもの、やわらかくない??

そこで気づいたのです。これは、ガラスではなくフィルムだ・・・!!!

画面を保護する手段として、ガラスとフィルムという選択肢があったんですね。

そんなこと知らずに買って、剥がれるまで気づかなかったという・・・バカだな、私。

気づかなかったのは、これまで貼ってもらっていたから!

ビックカメラには、500円で貼ってくれるサービスがあるんです。

前に自分で貼ったとき、真ん中に空気が入ってしまったので、最近はプロに頼むことにしています。スマホの画面って、四六時中見るものですからね、500円かけてもキレイにしたいんです。

私がいつも利用しているビックカメラは、名古屋駅西店。そこでは、受付にフィルムとスマホをソフマップのサービスカウンターに持っていて、預けて、できあがったものを引き取るスタイルです。

つまり、どんな商品か、実物を確かめることがないんです・・・。

その結果、フィルムが貼られていれもガラスが貼られていると思い込んでいました。

次こそは!!ガラスフィルムを購入してきました。

ガラスのほうが、強そうだから。あと、剥がれにくいから。

指紋が残らない、マットタイプにしました。

貼ってもらおうと思ったのですが、その日は休日で1時間半待ち・・・打ち合わせで名駅に行ったときに寄ろうと思ったのですが、ない・・・・打ち合わせがない・・・・。

そろそろ、フィルムが剥がれてきて、みすぼらしくなってきたので、意を決して自分で貼ることにしました!

案外自分でも貼れることに気づきました・・・。

ホコリ取りシールと液晶クリーナー、貼り方ガイドが入っているのです。

貼り方ガイドに従ってやってみます。

ホコリ取りシールで細かいホコリをとって、液晶クリーナーですみずみまで磨き・・・。

下からそーっと貼っていきます。

しかも、このガラスは貼り直しもできるらしい。それはいい!

少し気泡がはいってしまいましたが、指で押して端まで持っていったり

強く気泡を押したら、なくなりました〜!

昔より貼りやすくなったんですかね。これなら、ガラス貼りサービスを並ばなくて済む!

雑な私でも貼れました。ぜひ、挑戦してみてください。笑

(って、普通この手の記事の流れって「プロに貼ってもらおう!ビックカメラにはこんなサービスがあるよ」ですよね・・・)