最強のストレス解消法「神社ミッション」を寄付に変えてみた!

神社のお賽銭箱に1万円を入れてみる。

その名も、「神社ミッション」。

見返りを求めずに、お金を放出することで、金運がよくなるというものです。

過去に2回やってみましたが、効果てきめん。

自分をがんじがらめにしていた、どうしようもないイライラから解き放たれたり、

詰まっていたものが流れて、金運が良くなったりします。

はっきり言って、狂気に満ちた行動ですので、あまり周囲には理解されませんが、

同業含め、尊敬する方が何人か実践していらっしゃるので、あながち間違った方法ではないと感じています。

今回は、「神社ミッション」のかわりに、寄付をしてみることにしました。

仕事仲間のなかでは唯一「神社ミッション」を理解してくれる方がいるのですが、

その方が前にこう言っていたことを思い出したのです

私、最近寄付をしているんだ。

ということで、私も試しに寄付をしてみることにしました。

選んだのは、クラウドファンディングサイトの「Readyfor」。

クラウドファンディングって、「モノ」、つまりリターンありきのものが多くなってきていますよね。

寄付というよりは、新しいものを「買う」という趣旨のもの。

それだと、「神社ミッション」的な寄付にはならないので、「人助け」の意味合いが強いものを探していました。

「Readyfor」はわりと、「コト」にフォーカスしているサイトだという印象だったので、選びました。

(まあ、寄付ができれば何でもよかったんです。だから、正直、何も考えずに、他のサイトも見ずに決めました)

## できるだけ、自分と遠いところのプロジェクトにしました。

海外がいいなあ、と思って

全然知らない国がいいなあ、と思って

選んだのはこれ。

でもね、寄付をする前に文章を読んでしまう。

そして、寄付の目的が明確なものを選んでしまいました。

「〜の場をつくる」ではなく、「〜を支給する」のようなもの。

なぜかというと「場をつくる」って、直接的な解決につながるのか疑問だったから。

・・・・・・・・・・ん? 用途を選んでしまっている時点で、「自分で納得できるところに使ってほしい」と思ってしまっている。

となると、見返りを求めない「神社ミッション」とは異なるものなのか。

「10000円」にチェックを打ったとたん、すんごく気が晴れた!

まあ、気が晴れればいいので、とりあえず今回は寄付に挑戦してみることにしました。
3000円、5000円、10000円がありました。

正直、自分のためにしていますので、「お礼の手紙」とかリターン的なものはいいのです。
そんなに気を遣わないでほしい、と思いました。

最初、5000円にチェックを打ってみました・・・・あれ?気持ちが変わらない。

思い切って、「神社ミッション」と同じ10000円にチェックを・・・・・・・スー・・・!!!

(なんで、怒ってたんだっけ?)

「神社ミッション」は、お賽銭箱にお札を入れたときにスっと気が晴れます。
それと同じ。
10000円にチェックを打ったときが、気が晴れるポイントだったようです。

これは、大発見!

効果の違いは、いかに!?

「神社ミッション」をするときは、たいていすごくすごくイライラしているときなので、それがゼロになるというわけではありませんが

胸の奥からの怒りが、のどの奥からの怒りになる感じです。

ただ、このときの案件は、感情の問題だけでは済まされなかったようで

ミッションのあと、さらにこじれましたけどね。

まあ、なるべくしてなったので、仕方ないとしましょう。

めぐりめぐって、良い方向に行きますように。

全部上手く行くに決まってる♪

## 「神社ミッション」については、こんな記事も書いています。

初めての神社ミッション。神社のお賽銭箱に1万円を入れるって、ものすごい快感!

神社ミッションをしたことを知った周囲の反応やいかに!?