名古屋・東区山口町「うなぎの西本」で、あんかけひつまぶしを堪能。

疲れているときに食べたくなるのが、ひつまぶし。

先日も、ランチにふらりと、ひとりひつまぶしをしてきました。

ひつまぶしのなかでも変わり種の「あんかけひつまぶし」。

最後、お茶漬けで楽しむための出汁が、あんかけになっているんです。

これがまた、美味しいんですよ。

ひつまぶしを、ひと味違う食べ方で。


▲「西本」があるのは、基幹バス山口町停のすぐ近く。名古屋城と徳川園の間、徳川園寄りのところにあります。

ネットで調べていて知ったのですが、名古屋を中心に東京、大阪、福岡などにも展開している「ひつまぶし備長」の創業者社長が修行したお店なんですね。


▲ほかにも、うざくやう巻きもありました。アルコールは、日本酒かビール(アサヒ)。


▲あんかけ出汁は、おかわりできるそうです。私は1杯目からあんかけで食べたい派。

タレは濃い目。ビールが進みます。(ランチだろ、おい!)

表面はカリカリ感が強くて、とろりとしたあんかけとのコントラストが絶妙。

あんをかけると冷めにくいので、いつまでも温かいまま楽しめます。

ここで気づいた・・・

あかねさん
あんかけのベストシーズンは、冬だ!!!!!!汗だくでたどり着いたあとには、暑い。夏は、サラサラっとお茶漬けで食べたい・・・


▲大きな窓の外には、日本庭園が広がっています。都会の喧騒から離れられるひとときです。

平日のランチで行ったのですが、12時くらいに入ったときは待ちなしでは入れました。13時近くになると、待っている人も。

さすがの、人気ですね。

あかねさん
あんかけにこだわらないなら、「うな丼(小)」(1900円)と「うざく」(900円)という組み合わせにしてもいい気がしました。今度はそうしてみよっと。

お店情報

うなぎの西本
愛知県名古屋市東区山口町16-13
052-936-0646

うなぎについては、こんな記事も書いています。

釜飯の名店、名古屋・東区山口町「釜めし 川長」でフライング鰻!!

【速報】本日7/9(月)スタート!かっぱ寿司「鹿児島県産 大うなぎ」(一貫180円)は、焦げ目もついていてちゃんと美味しかった!!