「レゴランド®・ジャパン・リゾート」であえてデートするなら・・・?ファミリー向けテーマパークを大人目線で楽しんだバカップルの話【前編】

アンオフィシャルなブログだから書きますよ。

「レゴランド®・ジャパン・リゾート」は完全にファミリー向けです! 

USJやディズニーリゾート、ナガシマスパーランド、富士急ハイランドなどとは違う種類のもので、

大人がデートで行って楽しめる保証はないんです。

と、言われたところで、

せっかくなら1回くらい行ってみたいという人も多いのでは? 

でも、あの高い入場料を払うなら・・・最大限、楽しみたいですよね。

そこで、

子どもの心は持っていないものの、仕事で3、4回「レゴランド®・ジャパン」に行っている私達夫婦が、

大人でも楽しめるデートプランを考えて、実際に行ってきました! 

ささしまライブから水上バスで金城ふ頭へ。

金城ふ頭へはあおなみ線で名古屋駅から直通で24分ですが・・・

あえて、名古屋駅のとなり「ささしまライブ」から水上バスで行くと・・・1時間15分!

時間はかかりますが、非日常感&旅行気分が楽しめるんですよね♪

一番テンションが上がるのは、中川運河から中川口通船門を通り、名古屋港へ出るところ。

中川運河から海に出る時、海のほうが水位が高いので、中川口通船門で運河の水位を上げて調整するんです。これ、パナマ運河と同じ仕組みなんですって。

船がぐんぐん上がっていくのが面白かったです。

そのあと、海に出てからの景色も良かった!

午前中は、「リニア・鉄道館」を満喫♪

1時間半〜2時間くらいかけてのんびり見ても大丈夫。

一番おもしろかったのが、「超電導リニアシアター」。

実物大の客室に座って、車窓に流れる時速500kmの世界や揺れを体感できるんです。

車両が浮いたあとは、あんまり振動がなくて快適でした。揺れないから、車内で仕事もできそうです。

「メイカーズピア」でお昼ごはん。

なぜ、「レゴランド®・ジャパン」でごはんを食べないかというと、

お酒が飲めないからです・・・!!!!おいしごはんに、お酒はマスト♡

今回は、「グリルみのる」に行ってきました。

JAあいち経済連×JA全農のコラボプロジェクトで、地元の野菜や銘柄牛が楽しめるレストラン。

このあたりにはメイカーズピアにしかなさそうなので、選びました。


△赤ワインで乾杯! 私はハンバーグとかソーセージののったプレートを、夫はあいち牛のステーキを注文してシェア。夫は、このステーキをすごく気に入っていました。

レゴブロックをモチーフにした水族館「シーライフ名古屋」へ。

さて、アルコールを補給したところで、いよいよ「レゴランド®・ジャパン・リゾート」へ!

2018年4月にオープンしたばかりの水族館です。


△「レゴランド®・ジャパン・ホテル」のデザインって、某クリーニング屋さんを彷彿とさせますよね。色使いが似ているのと、形がシンプルだからかな。


△「シーライフ名古屋」は、「レゴランド®・ジャパン・ホテル」の建物にあります。

(ちなみに、私達夫婦がやたらと旅先で水族館に行くので、目が肥えています。)

体験型というのがウリなのですが、「子どもの体験」ですからね、大人はターゲットではありません。


△水槽は子どもの目線で楽しめるようになっています。

のぞき穴も、ほとんどが子どもの高さで設定されています。

大人が無理やり楽しもうとすると、こうなる!

△公園の遊具に無理やり入った、イタい大人のようです。

レゴ・ブロックが思ったより水槽に入っていなかったので、普通の小さな水族館でした!

大人にとっては、ですけどね。

いよいよ、「レゴランド®・ジャパン」へ!!


「日曜だけど、すっごく空いてたりして〜」と思って入ってみたものの、

けっこう人いますよ・・・・・・。ちびっこが多いので、ゴミゴミ感がしないだけ。

でも、乗り物の待ち時間は、5〜30分と少なめ。比較的スムーズに回ることができそうでした。

まずは、「ザ・ドラゴン」でテンションを上げましょう。

大人がテーマパークに求めるものといえば「スリル」。

「レゴランド®・ジャパン」で一番&唯一スリルのある乗り物が「ザ・ドラゴン」なんです。

最初に乗ることで、「テーマパーク来たぜ、いえ〜い!」なテンションになれるだろうという夫の提案です。

ちなみに、ジェットコースターが苦手な私でも乗れる程度のスリルです。

ディズニーランドのトゥーンタウンにある「ガジェットのゴーコースター」以上、ラグーナ蒲郡の「VRアドベンチャー」未満かな。

最初は、お城のなかのレゴ・ブロックの世界を楽しみます。

外に出た瞬間、ぐ〜んと上昇。

そのスピードが早いので、「カタカタカタカタ・・・」とジリジリ上がっていく恐怖はあまり感じません。

そして、上昇したら間髪入れずに落下!!

最初の落下が一番怖いです、そのあともアップダウンを繰り返しますが、手を上げて楽しめるくらい。

なんと、待ち時間は5分!

おもしろかったので、2回乗りました。

日本の観光地がレゴ・ブロックで表現されている「ミニランド」

「レゴランド®・ジャパン」で一番時間を取って見たいのは「ミニランド」。

日本のいろいろな風景が、「レゴ・ブロック」とミニフィグで表現されています。

よ〜く見れば見るほど面白いので、1時間くらいいても良さそう。


△東京駅からの、テレビ塔からの、スカイツリー! こんな距離感だったら観光しやすいのにね。


△「名古屋城」は有名ですが・・・なんと、TOYOTAを思わせる自動車工場もありました。建物の中まで、レゴ・ブロックでできています。


△レゴ・ブロックの新幹線も走っています。実際に動くんですよ! 

あと、日本の代表的な観光地もありました。


△まずは、札幌。テレビ塔や雪山、時計台、大通公園が表現されています。


△これを見て、どこか分かる人は、実際に行ったことがある人でしょう。登別です。これは、地獄まつりを再現しているっぽい。


△そして、「のぼりべつクマ牧場」もありました。ロープウェイで行くんですよね。私達も6月に行ったばかりです。・・・って、これ、メジャーな観光スポットなの!?


△あと、宮島は厳島神社周辺だけかと思いきや、島全体が再現されていました。


△弥山のロープェイです。そこまで再現するんだ。笑 でもここ、そんなに有名な名所なのか!?


△京都の清水寺。今年の漢字を発表しているのでしょうか。「北」ではなく「エビ」に見えるのは私だけ!?


△京都の伏見稲荷神社。鳥居が連なるところも精巧に表現されています。

宮島や北海道、登別温泉があるのは、インバウンドにメジャーな観光地だからなのでしょうか。

私達は行ったことのある場所だったので「え、ここもあるの!?」と、盛り上がりました! どんだけ旅してんだろう。笑

まだまだ見どころは盛りだくさん。

続きは後編で! 大人でも楽しめるアトラクションと、ロマンチックな夕暮れのパークを紹介します。

「レゴランド®・ジャパン・リゾート」であえてデートするなら・・・? ファミリー向けテーマパークを大人目線で楽しんだバカップルの話【2】

このガイドブックで予習しました。