「レゴランド®・ジャパン・リゾート」であえてデートするなら・・・? ファミリー向けテーマパークを大人目線で楽しんだバカップルの話【3・最終回】

キッズのためのテーマパーク「レゴランド®・ジャパン・リゾート」でデートを満喫♡

第1回目は、水上バスで金城ふ頭に行って、「リニア・鉄道館」や「メイカーズピア」「シーライフ 名古屋」を堪能!
第1回はこちら
第2回目では、「レゴランド®・ジャパン」のアトラクションを楽しみました。
第2回はこちら

そして・・・待ってました、レゴランドの夜!

一気に、デートっぽさが増してきますよ♡

(といっても、この日の日没は17時、閉園は18時。1時間だけのロマンチックタイムでした。)

夕暮れの時間に再び「ミニランド」へ。

日が落ちるくらいの時間に、「ミニランド」に明かりが灯るという情報をガイドブックで知り、楽しみにしていたんです♪


△「ミニランド」の入り口付近から撮影。展望台から夜景を見ているような感じで、幻想的。


△通天閣付近。節電・・・かな?


△渋谷のスクランブル交差点。こちらも節電風。

遠くからみるときれいだけど、近寄ってみるとツッコミどころが・・・笑

都市を表しているエリアが多いから、まさか全部に明かりを灯すのは難しいですよね。

「ブリックタワー」でレゴランド&工場夜景を堪能。

「レゴランド®・ジャパン」のシンボル的存在、「ブリックタワー」に乗るのを、夕方まで待っていたのは

夜景を見たかったからなんです・・・!!!


△ミニランドと、工場夜景の両方が見られます。

1回乗れないとけっこう待つので、17時半には並んだほうが良いかもしれません。

この日も、10分くらい並びました。

私たちのあとにもどんどん人が並び始めたので、17時45分くらいには、クローズになっていました。

オリジナルのミニフィグをおみやげに!!

この1日で一番夢中になった瞬間。

自分好みのミニフィグが作れるんです!!!


△顔、上半身、下半身、髪の毛、持ち物を選んで、3体作ることができます。


△それぞれ何十種類とあるので、好みのものを探すのだけでもひと苦労・・・。けっこう時間をかけて完成させたのがこの3体!かわいくない!?♡

ちなみに、この場所は、子どもでごった返していました。大人の私が明らかに浮いていたのは内緒。

夫は、遠くから冷ややかな目で私を見ていました。

いやいや、大人でも、記念に作ってみたいでしょう!!

最後に、「レゴランド®・ジャパン・ホテル」のバーで一杯。

デートといえば、ホテルバー♡


△雑誌にはバーカウンターが載っていたので、楽しみにしていたのですが、なくなっちゃったのかな・・・。思ったよりファミレス感が強かった。ミニフィグたちにデートを覗かれています。


△バーっぽく、カクテルを注文。(2種類しかないけど)味はおいしかった♪

「メイカーズピア」の噴水ショーでデートを締めくくりました。

噴水ショーの時間にあわせて、バーを出て、メイカーズピアに。

音楽に合わせて、噴水が踊るように形を変えるショーです。

夜はLEDで色とりどりに照らされて、ロマンチック♡

「メイカーズピア」の飲食店は早めに閉まってしまうところが多いので、
夜ごはんもこのあたりで食べるのなら、閉園後すぐに行ったほうがいいかも。
私たちは行きたかったお店が20時閉店だったので、泣く泣く名駅に戻ってごはんを食べました。

さて、このデートプラン、総額いくらかかったでしょう!?

Facebookでご指摘いただいたので・・・計算しました!

(てか、ひとつひとつ、金額書いたほうがよかったですね)

1日でいくら使ったかというと・・・

<1人あたり  7200円!!!>
水上バス ささしまライブー金城ふ頭 1500円
リニア・鉄道館 1000円
「レゴランド®・ジャパン」と「シーライフ 名古屋」コンボ1DAYパスポート 4700円

あとは、2人で
ランチ・飲み 約5500円、バーが1500円、夜ごはん約6000円、おみやげ代2000円くらいかな。
メイカーズピアでこだわったものを食べようとすると、ちょっと値が張るかも。

金額だけで考えると、日帰り旅行1回分くらい?

好奇心旺盛な方にはおすすめのプランです。
あえて外すなら・・・「シーライフ 名古屋」かな。

前回・前々回の記事はこちら。

「レゴランド®・ジャパン・リゾート」であえてデートするなら・・・?ファミリー向けテーマパークを大人目線で楽しんだバカップルの話【前編】

「レゴランド®・ジャパン・リゾート」であえてデートするなら・・・? ファミリー向けテーマパークを大人目線で楽しんだバカップルの話【2】

このガイドブックで予習しました。