「ミニひつまぶし」が1400円!ここなら日常使いできる!!名古屋・栄 中日ビル「うな文」。

「ひつまぶし」って、定期的に食べたくなりませんか?

(名古屋人だからかしら・・・?)

「あ〜お寿司食べたい」「あ〜中華食べたい」というように

「あ〜ひつまぶし食べたい」と感じるときがあるんです。

でも、ひつまぶしってうなぎの仕入れ価格高騰により・・・値上がりしてますよね。

3500円くらいするので、もうごちそうの粋。

ひとりで食べるには贅沢すぎるのが難点なんですよ。

そこで、1000円〜2000円台で食べられるミニサイズのひつまぶしのある店を探してきました!

中日ビルにある「うな文」(うなぶん)で発見。

なぜこの日、ひつまぶしを食べたいと思っていたかというと、風邪が辛かったから・・・。笑

(元気なんじゃないかというツッコミはさておき) うなぎでも食べて、精をつけようと思ったんです。


△中日ビルの地下2階にあります。お向かいの「稲生」のミニひつまぶしを狙って行ったのですが、1800円・・・!!!ふらりとランチに1800円(しかも、風邪を引いているから楽しみきれない)は辛いと思いまして、ほかを探していたところ、奇跡的に見つけました。


△ランチは他のメニューもお得になるみたいです。ひつまぶし(並)でも1900円・・!!安っ!不安になるくらいに安い。

この日は価格重視だったので、1400円の「ミニひつまぶし」をオーダー。

なんと、税込価格でした・・・。
安すぎて不安。

「ミニひつまぶし」は、腹7〜8分目サイズでした!


△たくさん食べる方からすると「少なっっ・・・!!!」となるかもしれません。お椀1.5杯分くらいでしょうか。私は少しずつお椀によそって食べる派なので、5回くらいに分けて入れました。

ふっくらというよりは、パリッと感が強くて

甘味よりも辛味のほうが際立っていた気がします。

(すみません、風邪を引いておりますので、味覚がいつもと違う気もします)

サクっと食べるだけなら、満足できそうです!!

歴史を感じさせる店構え。接待やデートというよりは、家族やひとりで訪れる感じの雰囲気です。

狭いお店ながらも、座敷が2卓もありました。

土曜日のお昼13時半に行きましたが、1卓のみ空いていました。
(そのあとすぐに2卓ほどあきました。味噌煮込みの山本屋本店は14時すぎまで行列・・・。そう考えると、空いています)

予約をして来ている人も数組。

1400円なら「ランチにひつまぶしでも食べようか〜?」と気軽に訪れることができそうです。

気になる方は、ぜひ行ってみてくださいね〜!

うな文 中日ビル店
地下鉄東山線栄駅12番出口徒歩2分/栄中日ビル地下2階
052-261-8037

中日ビルは、2019年3月に閉館となります。
「うな文」は、2019年1月末には移転になるそうです。

他におすすめの名古屋めしはこちら。

行列必至!味噌カツの名店、その名も「矢場とん」ならぬ「矢田かつ」でランチ。