外出中のちょっとした空き時間に電話&PCで作業ができる!名駅「KITTE NAGOYA」1階にあるベンチスペースは、過労ノマドワーカーにおすすめ!

売れる営業マンのみなさま、情報誌系ライターのみなさま、

困ってますよね。

あかねさん
町中に電話する場所がないことに。

電話なんて時代遅れだ! なんていう世の風潮ですが、

まだまだいるのです、世の中には

電話をしなくてはならない職業の人たちが・・・・・!

でも、世の中は、喫煙者同様、電話をしたい人に冷たい。

公共交通機関はもちろん、飲食店でもNG。

隣の人としゃべるのと、電話でしゃべるの、同じように声を発しているだけなのに

電話に向かって話しかけている人は、公共の場から排除されがち。

取材の合間の1、2時間、ちょっとどこかで腰を据えて電話とPC作業をしたいときに

行くべきところがなかったんですよね。

・・・・・・・・・・ここを見つけるまでは。

電話したい人にとっての桃源郷は、「KITTE NAGOYA」にあったのです。

名古屋駅から直結の商業施設です。

この日は、「KITTE NAGOYA」の上にある、JPタワーで取材。
「KITTE NAGOYA」の地下で取引先の方とランチをして、その帰りに寄りました。


▲KITTEといえば、1階にある吹き抜けのアトリウム。名古屋らしく、金鯱の形を模したベンチがあります。が・・・ここは人々が行き交う場所。さすがに落ち着いて仕事&電話ができません。


▲狙うは、同じく1階の、市バスターミナルとの連絡通路付近にあるこちら。カバンを横に置ける広いベンチ。後ろが壁なのでPC画面が人から見えない。最高じゃないか。

こちらの地図の【3】と【4】の間に、ベンチとテーブルがあります。

ベンチの前には、テイクアウト専門店などがずらりと並んでいます。


▲「デリカキッチン」や「ベベのおそうざい キッシュ専門店」といったテイクアウト専門店が目の前に並んでいて、そこで買ったものを食べるフードコート的なエリアなのだと思います。


▲一人でお弁当を広げるOLさん、お出かけの途中で休憩するおばちゃんたち、おしゃべりをする学生さん、コーヒーを飲むサラリーマン風の男性などなど・・・過ごし方は、公園のような感じ。

しゃべっている人が多いので、こっそり電話をしても目立たないんです。

ランチタイムはごった返していますが、14時くらいになると、使用率は50%くらいになります。

飲食店のなかではないので、注意もされません。


▲よーく見ると、壁が〒マーク。さすが、日本郵便のビルですね。

一応フードコート的な扱いかもしれないので、KITTEで何も買わないと使いにくいなあと思われるかもしれませんが、大丈夫。

同じ階にスタバやローソンがあるので、そこで買ったものを食べればよいかと思います。

私はこんな感じで使っています。

スタバで紙コップでトールサイズを注文

スタバのWi-Fiを使ってPC作業をしたり原稿を書いたり

電話したくなったら、飲みかけのドリンクを持ってスタバを出て、ベンチへ

電話をしながら、空いた時間にPC作業をしたり原稿を書いたりする

ちなみに、この通りには日本酒が立ち呑みできる「八咫」もあります。

電話をしていて、イラッとしたり、やるせなくなったり、自暴自棄になったときは、

「八咫」にかけこんで、昼酒を楽しみましょう!

まとまった時間があるとき&機密事項満載の電話をしたいときは・・・

「ビックエコー」のビジネスプランがおすすめです。

「電話がしたい」「機密を扱う」というノマドワーカーにおすすめ!「ビックエコー」のビジネスプランを試しました。