二日酔いに効く好来系の薬膳ラーメンが味わえる、名古屋・東別院「藤味亭」に行ってきました。

名古屋には「好来道場」から派生した「好来系」というラーメンがあり、

二日酔いのときに食べると回復が早まるのです。(我が家調べ)

先日、二日酔いのときに、「今すぐ食べられる好来系ラーメン」をネットで探していまして

そのとき見つけたのが東別院駅近くにある「藤味亭」。

残念ながらそのときはお休みだったので行けなかったのですが、

今日はちょうど近くに用事があったので、行ってみることにしました。

座席数は10席というこじんまりした店。

都心にあるスパリゾート「アーバンクア」の真裏にあります。
「アーバンクア」とセットで行けるというのはかなりポイントが高い・・・!!
それだけで、訪れる理由になるレベルです。


△11時30分くらいにお店についたときは、満席。7人ほどが店の中に並んでいました。

人気の好来系にして、座席数10席・・・
つまり、並ぶということですね。

席数と同じくらい、待つための椅子も用意されています。

25分くらい待ちました

私は夫と2人で行ったのですが、おひとりさまは先に通してくれるスタイルみたいなので、一人で行くともう少し早く食べられるかも。

12時を過ぎた頃には、外まで並んでいたので、早めに行ってよかった〜。

(GW真っ只中だからかな)

ラーメンを注文しました。

普段ならネットやラーメンWalkerを読んで、「正解」を見てから書いてしまうところですが・・・

ブログなので、感想に終始しようと思います。

あかね
試される・・・!!!

好来系といっても、味に微妙に違いがあって
私が一番好きなのは「陣屋」。薬膳の味がしっかりしているところです。

あかね
そもそも、薬膳の味ってなんだろうってかんじなんだけど、なんか、体に染み渡る滋養みたいな・・・そんな味。

「陣屋」を中心にいろんな好来系ラーメンと比べながら、レポートしていきます。

ラーメンは650円でした。他の好来系と比べると、100円〜200円は安い!


△好来系にしては、スープの透明度が低くてびっくり。

久屋大通にある「蔘好来」や、出来町にある「好楽」のようなスープです。
薬膳的な味より、動物的な味が際立っています。

動物的な味が強いところは、卓上にある高麗人参酢を入れると、味が大きく変わるのが特徴。
二日酔いのときは、酢を入れたときのさっぱり感がたまらないんですよね。


△麺は「陣屋」で「太麺にしてください」と注文したときと同じくらいの太さ。この太さが私にとってベスト。


△好来系のラーメンは薄切りが多いなか、チャーシューが分厚いのが特徴。

脂もしっかりのっています。肉の旨味を楽しみたい人にはいいかもしれないです。がっつり系。

あかねさん
私は薄切り派だけど

夫の味噌ラーメンもちょっと食べてみました。
好来系の味噌ラーメンって、こってりしすぎないから好き。
あえて味噌を注文しようとは思わないけれど、味噌ラーメンを食べるなら好来系がいいなあ。

感想:「アーバンクア」とセットでなら行く!

やっぱり、立地がいいですね。

好来系ラーメンからのスパ銭って、最高かよ。

あと、お店の雰囲気もよかったです。
物腰が柔らかいご夫婦が厨房にいらっしゃって、いかにも好来系という雰囲気。

豚骨や鶏ガラの旨味がしっかり出ていておいしかったけれど
やっぱり・・・私が求めるのは薬膳感!(あくまで、私調べです。好みによります)
二日酔いでヘロヘロのときは、「陣屋」に行くかな。

お店はこちら。

愛知県名古屋市中区富士見町15−21
052-321-2835

PayPayが使えました!

好来系で私が一番好きな店「陣屋」はこちら。

二日酔いには、名古屋のご当地グルメ「好来系の薬膳ラーメン」が効く!!

改めてくらべてみると、やっぱりスープの透明度が違うなあ。
(色が違うのは、撮影モードの関係もあるかもしれないけれど、もともとの色もけっこう違ってました)