スマートウォッチ「Garmin(ガーミン) vivomove3S」でストレスを計測したところ、私は大して疲れていないことに気づいた話。

先日、スマートウォッチ「Garmin vivomove3S」のストレスチェック機能が興味深い!という記事を書いた続き。

あかね
自分がどんなときにリラックスして、どんなときに疲れるのか。把握しておくことで、緩急をつけて働けるかもしれないと思ったのです(そんなに上手くいくかな?)

引き続き、計測したところ、さらに興味深い結果が現れたので、紹介します。

最近3日間を比べてみました。

(1日目)一日中原稿を書いたり、作業したりした日。
スマートウォッチ「Garmin vivomove3S」でストレスを計測したところ、私は大して疲れていないことに気づいた話。1

(2日目)クライアント様のいる会議に出たり、作業したりした日。
スマートウォッチ「Garmin vivomove3S」でストレスを計測したところ、私は大して疲れていないことに気づいた話。3

(3日目)原稿を書こうと思ったり、作業したり、取材したり、打ち合わせした日。
スマートウォッチ「Garmin vivomove3S」でストレスを計測したところ、私は大して疲れていないことに気づいた話。4

2日目の会議のとき、休息してる??

という、驚きの結果が出ました。

no name
おいおい、発注ピラミッドの最下層にいる会議で休息だと!?

逆に、会議のあとの昼食や、会議後の打ち合わせときには
ストレスが高くなっていました。

なぜだろう。

自ら言葉を考えて発するかどうかでストレスが変わるのか。

行き着いた結論がこちら。

休息だと判断された会議は、たしかに、言われたことに反応したり
聞かれたことに答えたりするのが中心。
そのあとの打ち合わせは、それを受けてどうするか意見を言うことが中心。

その違いなのでしょうか。

あかね
会議中も、資料を照合しながら話すとか、けっこう頭使ってるつもりだったんですけどね。使っているうちに入らない、と。

DTP作業や編集作業は休息モード、原稿を書くのがストレス。

ところで、3日目(今日)も相当休息しているようですが
仕事が進んだかというと
確かに、核心に迫るような仕事は進みませんでした。

あかね
とはいっても、いろいろデスクワークをしたのに、なぜ休息扱い!!

校了前で、編集作業シーズンなので、
頭をめちゃくちゃ使ったり、発信したりということがなかったからかしら。

ストレスがそこそこ高かったのは、取材中と打ち合わせ中でした。

それでも、今日はたっぷり休息を取れた日らしいです。腑に落ちない。

あかね
夜はけっこう眠かったし、睡魔と戦いながら作業していたけど、それでも、疲れていないの?私。

まだまだ、休息モードとストレスモードの違いや
それによる体への影響は検証しきれていないという印象です。

これからもしっかりチェックして、法則性を見つけて
あわよくばラクして働きたいなあ、と思っています。

また、面白い結果が出たら、報告しますね♪

使っているスマートウォッチはこちらです。

私のはemmiとのコラボなので、デザインが違うのですが、中身はこれです。

投稿者プロフィール

えむた あかね
えむた あかね
名古屋生まれ、名古屋育ち、名古屋在住のライター・編集者。超零細法人のひとり社長。趣味は仕事と読書、旅行、野球観戦、呑み歩き、スパ銭めぐり、ガジェットの収集。フリーランスのライフスタイルやおすすめ情報を、アンオフィシャルに綴ります。
【詳しいプロフィールはこちらをクリックしてください】



ABOUTこの記事をかいた人

えむた あかね

名古屋生まれ、名古屋育ち、名古屋在住のライター・編集者。超零細法人のひとり社長。趣味は仕事と読書、旅行、野球観戦、呑み歩き、スパ銭めぐり、ガジェットの収集。フリーランスのライフスタイルやおすすめ情報を、アンオフィシャルに綴ります。 【詳しいプロフィールはこちらをクリックしてください】